>  >  > aikoら“CD売上”の強さを読む

石井恵梨子のチャート一刀両断!

aiko、エレファントカシマシ、Ken YokoyamaとNAMBA69…“CDの強さ”示す最新チャートを読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2018年6月18日付週間アルバムランキング(2018年6月4日~2018年6月10日・ORICON NEWS)

 最近、音楽ファンの間でOTOTOY代表・竹中直純氏とunBORDE代表・鈴木竜馬氏による対談記事が話題になりました。そこでは鈴木氏の証言に基づき「今年になって急激にダウンロード販売の数字が落ちて、サブスクが伸びてきた」ことが明らかにされています。日本でもついにサブスク定着の兆し、ということですね。その事実を踏まえて今週の週間アルバムランキングを見ると、ちょっとびっくりします。一言で言うなら「CD、売れてるなぁ!!!」。

aiko『湿った夏の始まり』

 10位圏内中8組が初登場というフレッシュな顔ぶれですが、おしなべて数字が強い。10位の松田聖子『Merry-go-round』が約1.2万枚、8位のKen YokoyamaとNAMBA69によるスプリット『Ken Yokoyama VS NAMBA69』が約1.6万枚、6位に登場した鈴木愛理の1stソロ『Do me a favor』は約1.9万枚。どれも発売週が違っていればチャート1位に輝いていても不思議はないのです。

 ここで「1万、2万枚程度でオリコン首位が取れちゃうのか」と鼻白む声もあるでしょう。その指摘自体は数年前から聞こえていましたが、前述のとおり、いまや本格的にサブスク到来かもしれない時代。「それでもCDを買う人がこんなにいるのか」と驚くほうがリアクションとしては正しい気がします。フィジカルが大事。まさに日本らしいカルチャーです。

 さらに上位を見ていきましょう。5位、声優・宮野真守のベストが約2.2万枚。4位はエレファントカシマシ『Wake Up』、約2.3万枚と健闘していますが、さらに強いのは3位のaikoでした。新作『湿った夏の始まり』は、約4.7万枚とさすがの人気を誇っています。これでも1位じゃないのが不思議なくらいですよね? 彼女より強いセールス力を見せつけたのは……2位のMAN WITH A MISSION、そして1位の三代目 J Soul Brothersでした。マンウィズの『Chasing the Horizon』はなんと約7万枚、三代目の『FUTURE』はさらに上を行く約18.1万枚。ひゃー、ほんとにCD、売れてるなぁ!!!

 さて。三代目とマンウィズは、時の人、今をときめく人気グループですが、エレカシは今年結成31年目のバンドであり、aikoもちょうど今年がメジャーデビュー20周年。また先に書いたKen YokoyamaとNAMBA69のスプリットにしても、Hi-Standardから数えれば20年超えのキャリアを誇るベテランのパンクバンド。CDというメディアが全盛期だった90年代にファンベースを掴んだ人たちが、いかにCD売り上げに強いか、ということが証明されています。

      

「aiko、エレファントカシマシ、Ken YokoyamaとNAMBA69…“CDの強さ”示す最新チャートを読む」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版