andropが実現した“音楽を通したコミュニケーション” Aimerも登場したツアー最終公演を見て

andropが実現した“音楽を通したコミュニケーション” Aimerも登場したツアー最終公演を見て

 「いろいろ伝えたいことはあるんですが、上手く伝えらないので、音にして、歌にして、伝えたいと思います」「自分の心の声を、周りの雑音にかき消されないように。自分の心を大切にして生きていきましょう」という内澤の言葉に導かれた最後の曲は、『cocoon』の収録曲「Memento mori with Aimer」。この日はレコーディングに参加したAimerが登場し、内澤とのツインボーカルを披露した。L(内澤)とR(Aimer)に分かれたボーカルトラックでひとつの物語を描き出すこの曲が、内澤とAimerによってパフォーマンスされるのはこれが初めて。

 “死を想え”という意味を持つ「Memento mori」に関するインタビューで内澤は「たとえば、余命を突き付けられると、『残り少ない時間をどう生きようか?』と考えるじゃないですか。そういうふうに『自分が本当にやりたいことって何だろう?』とか『いまやっていることは必要なんだろうか?』と考えることの大切さというか……。それを脅迫的に突きつけるのではなく、この曲が何かを考えるきっかけになってくれたらいいなと」と語っていたが、その真摯なメッセージが強く伝わる、本当に素晴らしいパフォーマンスだった。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 andropはこの後『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』などの夏フェスに出演、さらに9月4日から全18公演のライブハウスツアー『one-man live tour 2018 “angstrom 0.9 pm”』を開催する。アルバム『cocoon』の世界をホールツアーで見事に表現した彼ら。そこで得たものがどんな音楽になっていくか、今後もしっかりと注視していきたい。

(撮影=Taichi Nishimaki)

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

■ツアー情報
『androp one-man live tour 2018 “angstrom 0.9 pm”』
9月4日(火)千葉・千葉LOOK
9月7日(金)宮城・Sendai Rensa
9月8日(土)福島・郡山CLUB#9
9月14日(金)埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
9月21日(金)大阪・大阪BIGCAT
9月22日(土)大阪・大阪BIGCAT
10月5日(金)群馬・高崎 club FLEEZ
10月6日(土)新潟・NEXS NIIGATA
10月8日(月・祝)山梨・甲府CONVICTION
10月14日(日)東京・LIQUIDROOM
10月17日(水)愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
10月18日(木)愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
10月21日(日)神奈川・F.A.D YOKOHAMA
10月30日(火)福岡・福岡DRUM Be-1
10月31日(水)福岡・福岡DRUM Be-1
11月10日(土)栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
11月15日(木)東京・代官山UNIT
11月16日(金)東京・代官山UNIT

チケット代:スタンディング¥4,500(税込)
※別途ドリンク代必要
※6歳以下の入場不可
※6月8日よりandrop member page会員 先行スタート
チケット一般発売など詳細はこちら

androp公式ホームページ 
androp公式Twitter 
androp公式Instagram

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる