>  >  > 片平里菜、5周年で見せた渾身ライブ

『「愛のせい」アルバム全曲再現ライブ&シングル全曲ライブ』

片平里菜、原点を見つめ直し歩みを進めるーー5周年記念企画ライブで見せた渾身のパフォーマンス

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年メジャーデビュー5周年を迎える片平里菜が、今年3月に行った『60分一本勝負弾き語りライブ』(※参照:片平里菜に感情を引き出された60分間 5周年記念弾き語りライブを下北沢SHELTERで見た)に続く記念企画ライブ『「愛のせい」アルバム全曲再現ライブ&シングル全曲ライブ』の東京公演を5月10日、EX THEATER ROPPONGIにて開催した。

 本公演を皮切りに5月24日に名古屋ダイヤモンドホール、25日になんばHatchにて行われたこのライブは、第一部で最新アルバム『愛のせい』を収録曲順どおりに完全再現し、第二部では2013年のデビューシングル『夏の夜』から2016年発売の6thシングル『この涙を知らない』までのシングル表題曲を披露するというものだった。先の『60分一本勝負弾き語りライブ』では文字通り、彼女の歌とギターだけで60分間、MCなしのステージを堪能することができたが、今回はデビューから今日までにおよぶ片平の5年間の奇跡をシングル曲と最新アルバムで表現するという新たな試みとなる。

 定刻を過ぎた頃に場内が暗転すると、まずラジオノイズに混じって片平の歴代シングル曲がメドレーで流れ出す。これにあわせて、今回のツアーのために編成されたバンドメンバーとして『愛のせい』のサウンドプロデューサー石崎光(Gt)、過去のレコーディングにも携わった佐藤征史(Ba/くるり)、松永俊弥(Dr)、そして今回が片平と初仕事となるeji(Key)が続々とステージに登場。最後にステージに現れた片平がアコギを抱えると、そのままライブは「愛のせい」からスタートした。

 この日のライブはこれまでのバンド編成ライブとは異なり、ライブ用にリアレンジされたり盛り上げるパートが用意されるなどの演出が排除された、まさしくアルバム『愛のせい』をオリジナルに極力近い形で再現しようという意思が感じられた。またバンドメンバーにとっても、片平の新機軸かつ今後の活動を左右するであろうこの作品を丁寧に演奏することで、個々のプレイヤビリティが強く浮き彫りになり、見応え、聴き応えのあるパフォーマンスが繰り広げられていく。

 そんなバンドメンバーの鉄壁なアンサンブルを背に、片平は曲中や曲間で観客とコミュニケーションを図ることなく、淡々とステージを進行。一見ぶっきらぼうに感じられるこのやり方は先の『60分一本勝負弾き語りライブ』にも通ずるものだが、『愛のせい』のように歌い手の思いやメッセージが強く込められた作品を表現する上で余計な言葉は必要ない、むしろ今目の前で鳴らされている音、歌われている歌詞を全身で受け止めてほしいという送り手の意思がストレートに伝わってきた。これを受けて、観客も第一部の間は座席に着席して、片平が紡ぐ言葉とメロディに酔いしれているようだった。

 クライマックスに向けて盛り上がる「愛のせい」のアレンジは、まるでThe Beatlesの「A Day In The Life」にも通ずるものがあるが、ここから「子供時代」や「デイジー」というどこかサイケデリックなカラーが見え隠れする楽曲へと続く構成も改めて個性的だと実感させられる。「デイジー」では石崎がギターを置き、メロトロンを思わせるサウンドをキーボードで奏でてアルバムの世界観に近づける。かと思うと、ポップでアップテンポな「lucy」ではそれまでの空気がガラッと変わり、ステージ上には女性らしい華やかさでいっぱいに。こういった楽曲で大活躍するのが、片平バンド初の女性メンバーejiのコーラスだ。時にザラつき、時に艶やかな片平のボーカルとの相性も抜群で、ejiの存在の大きさは今回のツアーを体感した者なら誰もが納得することだろう。

 第一部後半では、「wash brain」や「Howling wolf」といったザラザラしたオルタナ色の強い楽曲も登場。昨年末から今年1月にかけて行われた全国ツアーでの演奏とも異なるヒリヒリ感は、まさに『愛のせい』というアルバムにおいて絶対に欠かせないものだと実感させられる。特に「Howling wolf」では片平もエレキギターを掲げ、この楽曲の持つ独特の空気感をより純度の高いものへと昇華させた。

 そして「結露」を経て、いよいよアルバムラストナンバー「からっぽ」へと差し掛かるそのタイミングに、ちょっとしたハプニングが発生した。片平は冒頭の〈東京 甘えてんな もっとちゃんとやれよ〉というフレーズを歌うも、演奏を止めてしまい、何度かこのフレーズだけを繰り返す。どこかしっくりこないものがあるのか、ステージ上の彼女は気持ちを集中させてから、再び「からっぽ」という曲と向き合おうとしているように映る。すると、彼女は「ちゃんと言葉を届けたいのに、歌詞が飛んでしまいました」と告白。続けて「しっかり歌わせてください」と告げると、感極まりながら「からっぽ」を最後まで歌いきった。もしかしたらこの日の片平は、「愛のせい」から始まるアルバム『愛のせい』の世界にどっぷり浸かったことで、ラストナンバー「からっぽ」で文字通りからっぽになってしまったのではないか……それくらい、歌い手と作品が完全に同化したように強く感じられた第一部だった。

      

「片平里菜、原点を見つめ直し歩みを進めるーー5周年記念企画ライブで見せた渾身のパフォーマンス」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版