KinKi Kids 堂本剛、新曲「HYBRID FUNK」MV撮影に迫る ヘアスタイルの変化が大きな鍵に

「何億万回も見たみたいなクリエイションではあるじゃないですか。ミュージックビデオで髪を切るって。なんで、切るねんけどヘアアレンジをバッキバキにどんどん変えていくことで、時間軸が変になって面白いかな~って」

 KinKi Kids 堂本剛の素顔に迫るドキュメンタリー番組『堂本剛の素』。第3回となる“「つくりかた」前編”が、4月27日より動画配信サービスGYAO!にて配信されている。5月2日に、剛はソロプロジェクトであるENDRECHERI名義でニューアルバム『HYBRID FUNK』をリリース。第3回では、同アルバムのジャケット写真とミュージッククリップ撮影現場に密着し、剛が生み出すクリエイティブの裏側に迫る模様が収められていた。

 今年2月に某スタジオにて、アルバムジャケット写真とミュージッククリップの撮影を敢行した剛。撮影時間は15時間にも及び、細かいことを決めずに臨んだという。剛は「絵コンテなし。いらない。そんなものは」と言い、自分の感性を信じすべてを決めていく。

 長く伸ばしていた髪を今回の撮影中に切ると決めていた剛。「乳首まで伸びたからもうええかなと思って」と口にし、「でも、どんな髪にするかも決めてないです」と全くのノープランであることを明かす。長髪での最後の撮影では、自身の髪で顔全体を覆い「私の名は、毛マンです」と名乗るお茶目な一面も。「今日でお別れだからな~毛マン。寂しいけど」と言いながら、コーヒーブレイク毛マン、メールチェック毛マン、インテリ毛マンと別れを惜しむように様々なバリエーションで写真を撮っていく。なんとも剛らしい独特なユーモアと強烈なインパクトに思わず頬が緩む。

 まずは長髪のままでミュージッククリップを撮る剛。今回のコンセプトについて「とりあえず雑に撮ってもらって、雑につないでもらう感じがいいです。髪の毛も切ってる時系列を追いたくないんですよ。中盤とか後半に急に髪長い人(剛)が出てくるみたいなイメージにしたいから。アングルとかバラバラでぐっちゃぐちゃに撮って、無理やりつなげて無骨なやつ撮りたいなっていう」と語る。次に「斜めとかに切っといた方が画映えするかな」という理由で右側の髪だけザックリとカット。ヘアアレンジを施し再び撮影へ。その後、さらに断髪し「あ~スッキリ~」「新鮮!」と顔をほころばせる剛。そしてヘアカット、ヘアアレンジと何度もヘアスタイルを変えながら、同じ撮影を繰り返していく。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!