>  >  > 平手友梨奈、映画初主演への期待

欅坂46 平手友梨奈、『響 -HIBIKI-』で映画初主演 “表現者”としての歩みを振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46の平手友梨奈が、9月14日公開予定の映画『響 -HIBIKI-』で映画初主演を務める。原作『響~小説家になる方法~』は塁計発行部数100万部を突破し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した人気漫画だ。

欅坂46『ガラスを割れ!』(初回限定盤Type-A)

 平手が演じる主人公・鮎喰響は、圧倒的な文才を持ち、自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせる15歳の天才女子高生。原作者の柳本光晴は「『サイレントマジョリティー』のPVを見た時から、もし響が実写化するなら、主演は平手さんしかいないなと思いました。響の持つ、媚びない、屈しない、信念の人間、そういったイメージとあまりにもピッタリで。なにより、目が」とコメントしている(参考:欅坂46 平手友梨奈、『響 -HIBIKI-』で映画初主演 「最初はどうしようかすごく悩みました」)。欅坂46の不動のセンターとして確固たる地位を築き、アイドルの枠に止留まらず表現者としても注目を集めた平手が、映画という新しい表現の場で何を見せるのか、ファンの間でも期待が高まっている。

 平手の役者としての活動で言えば、2016年の初出演ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(テレビ東京)と2017年の『残酷な観客達』(日本テレビ系)で未経験らしからぬ演技力を見せていた。音楽面でも、楽曲によって纏う雰囲気や表情がや変わる歴代のMVをはじめ、昨年行われた夏の全国ツアーで見せた衝撃的なパフォーマンス、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で平井堅とコラボしたコンテンポラリーダンスなど、楽曲の世界観を伝える表現力が高く評価されている(参考:欅坂46 平手友梨奈、平井堅「ノンフィクション」のコラボ相手になぜ選ばれた?)。その表現力の最大の武器が目力にあるのは、平手を知るものなら誰しもが思うところだろう。

 2016年にオンエアされたNHK-ACジャパン共同キャンペーン「フリする女の子」のCMでは、虐められる辛さや虚しさ、そして友達からのメッセージが届いた時の救われるような安堵など、少女の心情をたった数秒の中で、目の演技によって繊細に表現している。平手は今年の春にオンエアされた「24h cosme」のCMにも出演。大人のルールに従っていた女の子が自由な世界へと走り出す姿を見て、現実世界の平手とクロスオーバーした視聴者も少なくないだろう。今では歌詞や楽曲の世界観を届けたいという姿勢だけではなく、時折、平手が持つ大人への不信感や自分に嘘を付かないスタンスといったパーソナリティーが滲み出るような、演技を超越した彼女にしかない存在感を放っている。

 今回の映画で期待できるのは、原作者が言う通り、平手が響のイメージに近いということ。響は、内向的な性格で友達もほとんどいないキャラクター。さらに部室にたむろする先輩に「消えろ、殺すぞ」と言われると、その先輩の指を折ってボールペンで目を突き刺そうとして追い出し、唯一の親友に咎められると「殺すって言われたから、殺そうとした…」と囁くなど、自分が感じたままに行動する性格だ。ただ「どうしていつもこうなるんだろう。どうしていつも一人に」と、自分の思いと現実の世界とのギャップに苦しみ、「私がおかしいのかな?」と常に自分への恐怖を感じている。もちろん平手はここまで暴力的ではないが、ライブで見せる鬼気迫るパフォーマンスをはじめ、自分に嘘をつけない言動や心の葛藤は響と重なるところがある。また、響が自分の価値観を高めるために漫画の新人賞に応募したように、平手は自分を変えたいという理由で欅坂に応募したいきさつがあるなど、感情移入しやすい役柄だと言えるだろう。

      

「欅坂46 平手友梨奈、『響 -HIBIKI-』で映画初主演 “表現者”としての歩みを振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版