嵐 二宮和也、10年ぶり『ぴったんこカン・カン』出演 松本潤、大野智のような“自然体”な姿に期待

 松本と大野の出演時の様子からもわかる通り、『ぴったんこカン・カン』は相手の自然な姿を引き出すことに長けている安住の進行によって、ゲストの素顔、そして共演者同士の普段の空気感を見ることができるのが魅力の一つだろう。10年前の出演時に二宮は自転車で登場し、「好きな食べ物は安いものです」と宣言して、安住を苦笑させていた。今回も自然体でロケを楽しみ、体を張って挑戦する姿を見せてくれることだろう。

(文=竹上尋子)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる