AL、ワンマンライブで示した“バンド”で音楽を奏でる理由 アルバムリリースツアーを見て

AL、ワンマンライブで示した“バンド”で音楽を奏でる理由 アルバムリリースツアーを見て

 ALがアルバム『NOW PLAYING』のリリースツアーとして行った『AL 2nd Tour 2018』。

 同作は、ALにとって2枚目のフルアルバム。発売当時のインタビューでは、「今、この4人が一斉に音を出した時の感覚っていうのを作品に封じ込めたかった」(長澤知之)と、4人組のバンドとして音楽を鳴らす意義について明かしていた。リリース後、全国7カ所をまわったこのツアーは、まさに“バンド・AL”としての真価を発揮するものとなった。本稿では、ツアー東京公演である3月15日Zepp Tokyoのライブの模様をレポートする。

小山田壮平

 開演時間を過ぎステージに現れた4人はそれぞれの位置に着き、ジャムセッションで音を合わせながら、「NOW PLAYING」からライブをスタートさせた。上記のインタビューでも話されているように、アルバム『NOW PLAYING』はリズムの速い楽曲の比重が大きい。「HAPPY BIRTHDAY」「LOVE ME」と、ライブ前半でもアップテンポなナンバーが続いた。

長澤知之

 ソングライティングにおいて異なる特徴を持ちながらも、それが混ざりあって豊かなハーモニーを響かせる小山田壮平と長澤知之。そして歌心溢れるベースで曲に躍動感を与える藤原寛と、緻密で時に大胆なドラムで曲を支える後藤大樹。少しずつバラバラな個性を持ちながらも、どの曲においても、バンドアンサンブルが歯車のようにかっちりとはまっている。特に最初の3曲においては音源よりも少しBPMをあげている印象だったが、それも今のバンドのモードが故だろう。4人の鳴らす音の、その時々に生まれる有機的な絡み合いこそが、ALの音楽が特別に響く理由なのだ。

 「ショートナイト」では、序盤長澤のギターソロが披露された。シンガーソングライターとしてのキャリアも10年以上持つ長澤だが、ALでは曲によってはギターに徹しており、ギタリストとしての手腕も存分に発揮されていた。また、「さよならジージョ」「丘の上の記憶」は、どちらもミドルバラードで、小山田と長澤の二人の視点から別々の心象風景が歌われているようだった。ライブ序盤には、スリリングにも感じられたアンサンブルも、この時には、寄り添いあうように響く。ライブ終盤に入ってからの「あのウミネコ」「輝く飛行船」も同様で、小山田と長澤はともにソロとしても活動しながらも、こういったパーソナルな手触りの強い楽曲をALでやることにこそ、バンドとしての醍醐味があるのだろう。

藤原寛

 シンプルなアレンジで歌を聞かせるゾーンを抜け、未発表曲「おかしなやつのひとりごと」や「Mt. ABURA BLUES」といった疾走感あるナンバーも演奏されるも、終盤はじっくりと「心の中の色紙」や「青い泡沫 白い光」など、ALの持つメロディと歌の豊かさに光が当たる展開に。「花束」では、4人全員による<花束をあげるよ みんな愛しているよ>のリフレインが美しく溶け合い、本編ラストでは「北極大陸」を軽やかに歌い上げ、4人はステージを去った。

 アンコールの1曲目では藤原と長澤が二人で登場し、藤原が、長澤のギターにあわせて未発表新曲「メリーランドブルース」を歌唱するというサプライズも。素朴でありながらもあたたかい藤原の歌声が、アコギの優しい音色によくあっていた。その後、小山田と後藤もステージに現れ、タイトルの通りゆらゆらとリズムを刻む「晩酌」、続いてめくるめく性急感で「ハンアンコタ」を演奏。

 そして、最後に披露されたのは「地上の天国なソングライターの歌」だった。小山田と長澤は2人揃ってアコースティックギターを奏で、それにあわせて観客の手拍子も鳴る。<分かりあえるようなれたらいいな><君と手をつなぎたいだけなのさ>というフレーズが響き一体となった会場は、この日のライブの大団円にふさわしい光景だった。

後藤大樹

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる