『高校生RAP選手権』が映し出す、国内ラップシーンの変化 G-HOPEや$ph1Nを例に考える

『高校生RAP選手権』が映し出す、国内ラップシーンの変化 G-HOPEや$ph1Nを例に考える

 『BSスカパー! BAZOOKA!!!第13回高校生RAP選手権 in TOKYO』が3月17日、豊洲PITにて開催された。

 “フリースタイルラップの甲子園”と謳われる同大会は、自身の置かれた境遇や悩み、大会に懸ける想いなどを、等身大の言葉で表現する若手ラッパーの姿が、様々な年代に人気を博している。神奈川県川崎市を拠点に活動するT-PablowとYZERR(BAD HOP)や、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)のレギュラー出演者である裂固らも過去の優勝者であり、彼らのほかにも数多くのスターMCを輩出している『高校生RAP選手権』。今回で3度目の出場となるG-HOPEが優勝した今大会では、国内外問わず、HIPHOPの文化的興隆が目覚ましい2018年らしさ溢れるラップを楽しむことができた。

Arrow
Arrow
G-HOPE
ArrowArrow
Slider

 本稿ではまず、第2ラウンドより「はまぞう v.s. G-HOPE戦」の模様を紹介したい。この試合は、お互いが前回大会の出場経験による知名度の高さや、巧みな表現と言い回しによる大きな盛り上がりを見せた。

G-HOPE

 俺なら中二病 俺も主人公 手札眺めてる遊戯王 1が並んでた通知表 でもこいつでかませば急に5 ゾーン(=ZORN)に入ったぜ

 こいつのラップと掛けまして草野球のキャッチャーと解く その心はズバリ、どちらも“みっともない(=ミットもない)”でしょう

はまぞう

 勝ちは無し こういうアンサーには価値は無し 当たり前な話 韻が一番理解されやすいから俺も使いだしていくだけ

 G-HOPEが勝利し、準決勝に駒を進めたこの試合について、審査員を務めたR-指定は、「お互いがお互いのフィールドに立った試合。“上手いことを言うはまぞう”のフィールドにG-HOPEが立ち、“韻を踏むG-HOPE”のフィールドにはまぞうが乗り、互いの得意技で(相手を)倒そうとしていたが、G-HOPEのやり方が少し上手だった」と解説した。

G-HOPE

 G-HOPEはここで、<俺なら中二病〜>というZORN「Backbone feat. 般若, NORIKIYO」のラインをインサートし、最後には<ゾーン(=ZORN)に入ったぜ>と、ダブルミーニングを含んだオチを付けていた。その後も、<みっともない>という言葉に“キャッチャーミット”の意味を含ませるなど、はまぞうの得意とする“掛詞”を操ることで、次の試合へと駒を進めた。

 第11回大会開催時の『BAZOOKA!!!』(BSスカパー!)内にて、オーディション審査員のMC正社員が「フリースタイルができるという時代を生きている子達だから、(ラップが)上手いのは当然という感じになっている」と語っていたように、近年の『高校生RAP選手権』出場者は、ラップのスキルに加え、別の要素で他出場者との差別化を求められている背景があるのだろう。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!