HoneyWorksはなぜ10代女子に人気? 映画『プリンシパル』との親和性から考察

HoneyWorksはなぜ10代女子に人気? 映画『プリンシパル』との親和性から考察

CHiCO with HoneyWorks 『ツノルキモチ -M.edit-』

 そんな楽曲・MVのストーリー性の高さから、過去には、HoneyWorksの楽曲世界をベースにしたメディアミックスプロジェクト『告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜』で、映画やアニメも制作された。このシリーズも『プリンシパル』と同様、片思い相手に対して素直になれない女子高生を中心に、若い男女の甘酸っぱい恋模様を描いている。

 また、HoneyWorksは活動当初、VOCALOIDを使用して楽曲を制作していた。古くからのボカロシーンを見ても、人気があるのはどちらかといえばダークで難解な方向性の世界観の作品が多い。だが、恋する女子に寄り添い、その背中を優しく押してくれるようなHoneyWorksの表現は、清々しいまでにストレートでポジティブだ。

 カラリと明るい彼らの世界観は、動画投稿をスタートさせた2010年頃のボカロシーンにおいて、まさに“新潮流”であった。その上、MVなどのデザインワークが、淡いタッチで、かなり少女漫画に寄った絵柄だったのも斬新だった。これらの点から、HoneyWorksはソフト・ハード両方向から“女子”の存在を意識していたことがうかがえる。

 もちろん、HoneyWorksの人気を根底から支えているのは、イラストも含めた楽曲トータルのクオリティの高さだろう。しかし、ボカロファンを中心としたネットユーザーの中でもティーンの女子たちに真正面から向き合い、彼女たちの嗜好や心情と整合性の取れたコンセプトを打ち出したことが、HoneyWorksが若い女性たちの心をつかんだ大きな一因になったのではないだろうか。

■まにょ
ライター(元ミュージシャン)。1989年、東京生まれ。早大文学部美術史コース卒。インストガールズバンド「虚弱。」でドラムを担当し、2012年には1stアルバムで全国デビュー。現在はカルチャー系ライターとして、各所で執筆中。好物はガンアクションアニメ。Twitter

■リリース情報
『私を染める i の歌』
発売:2月28日(水)
価格:初回生産限定盤(CD+DVD+ライトノベル+特製消しゴム)¥3,500+税
   通常盤(CDのみ)¥2,800+税

<CD収録内容>
1.私、アイドル宣言(新曲)
2.ノスタルジックレインフォール
(TVアニメ『恋は雨上がりのように』のオープニングテーマ)
3.ツインズ
(TVアニメ「プリプリちぃちゃん!!」第2クールオープニングテーマ)
4.キララ(新曲)
5.ツノルキモチ
(映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』挿入歌)
6.ラブホイッスル
(「ツインズ」カップリング曲)
7.ウルフ
(Sho-Comi「泡恋」コラボソング)
8.シュウマツWorker
(新曲・Little Glee Monster かれん参加曲)
9.カヌレ(Sho-Comi「泡恋」コラボソング)
10.恋色に咲け
(HoneyWorks映画「ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜」OP主題歌)
11.平成バブル(新曲)
12.イノコリ先生
(HoneyWorks人気曲のカバー)
13.可愛くなりたい
(HoneyWorks人気曲のカバー)
14.贈り歌(新曲)
15.今日もサクラ舞う暁に
(TVアニメ「銀魂〜よりぬけ!銀魂さん〜」OPテーマ)

<DVD収録内容>
Music Clips 全8曲収録

<ライトノベル>
「私、アイドル宣言」(全105P)

<特製消しゴム>
特製CHiCO with HoneyWorksロゴ入りドットデザイン消しゴム

HoneyWorks Official HP
HoneyWorks blog
twitter- Official

■映画情報
『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』
3月3日(土)より全国ロードショー

<キャスト>
黒島結菜 小瀧 望(ジャニーズWEST)
高杉真宙 
川栄李奈 谷村美月
市川知宏 綾野ましろ 石川志織 中村久美
鈴木砂羽 白石美帆 森崎博之

・オープニング主題歌
ジャニーズWEST「プリンシパルの君へ」
・挿入歌
CHiCO with HoneyWorks「ツノルキモチ」
・エンディングテーマ
Little Glee Monster「ギュっと」
原作:『プリンシパル』いくえみ綾(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:篠原哲雄  脚本:持地佑季子  音楽:世武裕子
配給:アニプレックス (C)2018 映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる