>  > accessが語る、チャレンジし続けた25年

アルバム『Heart Mining』リリースインタビュー

accessが語る、チャレンジし続けた25年と音楽への思い 「ラブ&ピースを共感したかった」

関連タグ
access
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「“ときめいた気持ち”をレコーディングしていく」(浅倉)

――浅倉さんの中で、この楽曲の“ここ”をよりチェックして欲しいなというナンバーは?

浅倉:25年間やってきた過去と現在と未来。中でも、今いる状況のaccessを表したアルバムにしたかったんです。今回、『FAST ACCESS』のミックスを手がけてくれたエンジニアも参加してるんですよ。僕がミックスをやっている曲もあれば、GARIのYOW-ROW君、彼のセンスがすごい好きで、仲良しなこともあるので、ここは大胆にリミックスではなくミックスをお願いしました。時代に合わせたコンプな質感とか、これからの未来が見えるトライをしてみたかったんですね。

――ああ、過去と現在と未来の質感がミックスで表現されているのですね。

浅倉:そう、一度トライしてみたかったんです。「Crack Boy」や「Heart Mining」は、YOW-ROW君ミックス。ある程度はもう、音は作りこんでいたんですけど質感とかキャラクターってあるじゃないですか? そんな意味で、過去・現在・未来の視点で、音作りをいろいろトライしました。あと、聴きどころのひとつとしては4曲目の「Inside me, Inside you」ですね。これは春のツアーの新潟振替公演の時にピアノと歌だけで演奏しました。まだデモで、歌詞も仮で。その後、秋のツアーではバンドをいれて、ある程度打ち込んだものを披露しました。そして、アルバムでは、全部作り直しています。ベースを生音にしたいなとこだわって、ちょうど『堂本兄弟』の年末収録があったので、吉田建さんに「access 25周年の大事なバラード曲があるんですけど」ってお願いしたら「もちろん弾く!」って言ってくださって。僕の打ち込みがある上にHIROのハイトーンボイスがスーって乗って、建さんがすごいローのレンジでベースで歌ってくれているんです。その絶妙な絡み合いがうまくいったかなと思います。

――accessの作品って、アルバムを聴きこんでると発見がたくさんあって。

浅倉:発掘、マイニングされているわけですね(笑)。

――「Crack Boy」で感じるSF感とか、メロディーがくっきりはっきりしているのもツボで。それこそ、ブロックチェーンみたいな新しい技術にも注目しているんですか?

浅倉:新しいものが出てくると、それをどう音楽に使っていけるんだろうって考えちゃうんですよ。CDはもう時代遅れかもしれなないですけど、25年という歴史を重ねてきた年月を作品に真空パックするにはCDがちょうどよかった。もちろん、配信で曲単位で聞いてくれても嬉しいんですけど、アルバムとしての流れにはこだわりましたね。

――ファンの受け止め方としても楽しいですよね。今年の春と秋で行われたツアーで、いろんなヒントが開示されて、その上でのアルバム作品という。

浅倉:SNS時代、リアルタイムでシェア=共有するのって楽しいじゃないですか? 今回、初回限定盤はトラックにβバージョンの「Inside me, Inside you 20170916」も収録してます。それも、聞き比べながら楽しんでもらえたら嬉しいですね。

――アルバムのリリースで26年目へと突入しますが、2018年のaccessはどんな感じに進化していくのでしょうか?

貴水:これからがまた一層楽しみになったアルバムになりました。音楽に対する気持ちも更に強くなれたかな。『Heart Mining』の楽曲をライブでどんな風に表現していくかは、自分たちでも楽しみですよね。

浅倉:『Heart Mining』に込めた僕らの精神と、応援してくれているファンの皆さんの気持ちを大事にしていきたいです。

――完全に余談ですが、貴水さんが『仮面ライダーエグゼイド』で、敵役の仮面ライダークロノスとして大活躍され、次のシリーズ『仮面ライダービルド』の主題歌では、浅倉さんが小室さんとPANDORAという新ユニットで手がけられたというaccess繋がりは面白かったです。

貴水:長くやってるとそういうこともあるんですね(笑)。それぞれやってきたことを持ち寄れる余裕が、今の僕らにはもありますね。

浅倉:アルバムのマスタリングをバーニー・グランドマン・マスタリングでやったんです。が、スタジオにエンジニアさんのご家族が遊びに来ていて、HIROはその時、劇中のキャラで子どもに接してたんですよ。ちょっと感動したなー。

貴水:いやぁ、ちゃんとしないと裏切っちゃうことになるんで(苦笑)。若干、強面でいきました(笑)。

浅倉:でも、子供が抱きついてきて「夢を与える仕事してるじゃん!」って思いましたよ。

貴水:ははは(笑)。そういえば、この間、大ちゃんから話をもらってNHK Eテレのアニメ『クラシカロイド』に大ちゃんが編曲、僕がボーカルで参加させてもらったんですが、「accessじゃん!」って自分でツッコミ入れたこともありました(笑)。

――なるほど。ソロでもいろんなところで接点が生まれているのですね。accessって常にフレッシュで、半歩先を進んでいるアーティストなので、周年で振り返るというよりもどんどんソロ活動含め、前に進み続けている感じですよね。

浅倉:もうここまでくると、毎年が周年ですよね。ライブを観にきてくれる人がいて、同じ時間を共有して。また、そこで“ときめいた気持ち”をレコーディングしていく。25年前、原宿RUIDOでの最初のライブの時に“ときめいた気持ち”をまだ持ち続けられるって素敵なことですね。皆さんに感謝です。

(取材・文=ふくりゅう:音楽コンシェルジュ/インタビューカット撮影=三橋優美子)

■リリース情報
『Heart Mining』
発売日:2017年12月20日(水)   
初回生産限定盤(CD+DVD)4,300円(tax in)※ワイドデジパック仕様
通常盤(CD)3,600円(tax in)

<CD収録内容>
01. Cassini(Instrumental)
02. Crack Boy
03. Vertical Innocence(Heart Mining Ver.)
04.  Inside me, Inside you
05.Tragedy
06. Discover Borderless
07. Knock beautiful smile(Heart Mining Ver.)
08. Friend Mining
09.Heart Mining
10.  Voyager(Instrumental)
11.永遠dive(Heart Mining Ver.)
【Bonus Track】※初回生産限定盤のみ収録
Inside me, Inside you 20170916

<初回生産限定盤付属DVD収録内容>
access TOUR 2016 24SYNC Live in NAKANO SUNPLAZA  2016.12.16
01.Toy Box In The Morning
02.Hung Me For The Distance~絆された愛の果てに~

accessオフィシャルサイト
accessオフィシャルTwitter

「accessが語る、チャレンジし続けた25年と音楽への思い 「ラブ&ピースを共感したかった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版