鈴木このみの“歌の強さ”をどう活かす? 作詞家・坂井竜二&作曲家・白戸佑輔が語り合う

鈴木このみの“歌の強さ”をどう活かす? 作詞家・坂井竜二&作曲家・白戸佑輔が語り合う

「歌がめちゃくちゃ上手いだけに、早くいいテイクが録れてしまう」(白戸) 

ーーこのみさんのボーカル録りで気をつけていることは?

白戸:彼女は歌がめちゃくちゃ上手いだけに、割と早い段階でいいテイクが録れてしまうんです。ただ、それは技巧的に「歌えている」というだけで、そこからの追い込みが勝負というか。彼女と初めて仕事した人だと、そこでOKを出してしまいかねないんですけど、そこからさらに歌いこんでもらうと、素晴らしいテイクが録れるんですよね。しかも、ライブで歌い込むともっと良くなっていくという。CDとはまったく別物というくらい、良くなることもあって。だから彼女もよく「ライブで仕上がったものを再録したい」って言っていますね。

ーーライブ盤なんて出したらいいかもしれないですね。

白戸:ああ、それは良さそうですね。

ーー彼女ほどなんでも歌いこなせるシンガーに書くとなると、普通ではできないようなメロディや転調などを試したくなることもある?

白戸:それはもう、他の作家さんが結構ガッツリやってますからね。「Absolute Soul」とか。ただ、そういうアクロバティックなメロディを難なく歌う彼女よりも、割とミドルテンポの曲で、抑揚もさほどないメロディを歌ったときに、リスナーの気持ちをどれだけ持っていけるか? というところにもチャレンジして欲しいし、こちらとしてもそういう曲が作れたらいいなと思っています。そういう楽曲も増えていけば、めちゃくちゃ強いんじゃないかな。

ーーお二人が関わっていない曲で、お気に入りはありますか?

坂井:僕はもう「ワタモテ」(「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」)です。大好き。最高じゃないですか、この曲? こんな最強な曲は他にないですよね。一発で聞いて即覚えるみたいな。ラクーアでクリスマスにこのみちゃんがライブをやっていて、その時に、キラキラしたリア充がたくさんいる中、この曲を歌うんですよ。そしたらお客さんがめっちゃ盛り上がってて(笑)。

白戸:確かサンリオピューロランドでもやってましたよね。あんな夢だらけの場所でワタモテを(笑)。

坂井:ああいうシチュエーションで、彼女はテンション振り切れるじゃない? 観ていてめっちゃアガる。「生粋のアニソンシンガーだなあ」と思いますね。かっこいいです。

白戸:俺はさっきも言った「Absolute Soul」が大好きなんですよね。なんでだろう……さっきのアクロバティックという言葉でいうと、その最たる曲がこれなんじゃないかなと。とはいえ、単に抑揚があって、声を張り上げて、というのではなく、なんかメカニカルにできているんですよね。歌詞も気持ちいいし、実際に歌ってみたらハマリも良くて。「これを超える曲はねえな」って。友人でもある若林充くんが書いているんですけど、俺には書けない。

坂井:若林さんはすごいですよね。初めてデモを聴いたときは「なんて曲だよ!」って思いましたね。「こんなの歌えるのかよ……歌っちゃったよ!」ってなった(笑)。

白戸:俺もTwitterで「なんつー曲書いたんだ」って即効つぶやいた(笑)。未だにずっと好きだし、サビを聴きたくて何度もリピートしてしまう。

竹山:あの曲はもともと、作品が「二人一組で戦う」という設定だったので、本来は2人で歌うような構成のメロディを、1人で歌っているという(笑)。

坂井:もう、びっくり人間ショーの領域ですよね(笑)。

ーーアニソンが、そうやってJ-POPやJ-ROCKの文脈から切り離されて、独自の進化を急速に遂げているのはどうしてだとお二人は思いますか?

坂井:僕は、90秒という限られた尺の中で、どう聴かせるか? というのをそれぞれが突き詰めた結果だと思います。その90秒でどれだけページをめくれるか。めくれるページ数が多ければ多いほど、楽曲として話題になっている気がします。そこはものすごいせめぎ合いが、各作家の中で繰り広げられていると思いますね。

白戸:1曲の中で、ずっと単調には進まないじゃないですか。一つのビート、少ない展開で終わる曲はまずないと(笑)。それって、2000年以降の流れだとも思いますね。あと、コード進行で遊びたがる作家がどんどん出てきている気がしていて。例えばジャズを系統立てて学んでなくても、ジャズっぽいコードを組み合わせ、ジャズっぽい曲をスピンして、そこにリズムを足したら面白くなって。で、そのフォロワーが増えていく、みたいな。誰かが試したことを、すぐに聴ける環境をインターネットが敷いてくれたのは大きいですね。

 とはいえ、聴いている分にはいいけど、あまり奇抜にならないよう、それが目的にならないようには気をつけていますね。アレンジでいえば、ダブステップもフューチャーベースも好きだし、それを通して誰かの曲っぽいものを作るのは好きなんですけど、奇抜さだけを求めては作りたくない。ポップスの芯みたいなものは無くさずにいたいなと思います。

ーー今後の鈴木このみに期待することは?

坂井:とにかく、いい歌詞が出てきてほしいなあ。泣かせてほしい(笑)。メロディは作れる気がするので、とにかく自分と向かい合って、いい言葉を拾い上げてほしい。中へ入っていくと、突き抜けて外へ出ていくっていうじゃないですか。だから、もっともっと自分の中に入っていって、自分を知ってほしいな。「恋でもしちゃいなよ」って言ってますね(笑)。歌詞ってある意味屁理屈だと思うんですよ。あとは発明や発見。同じテーマも、言い換えると全く違う印象になったり。そういう発明は他にないかなっていつも思っています。

ーー最近だと、どんな面白い「発明や発見」がありました?

坂井:いしわたり淳治さんが書いた、大原櫻子さんの「青い季節」ですね。<明日が見えないのは今が眩しいから>という歌詞には「くっそう、やられた!」と思いました(笑)。

白戸:俺は秋元康さんの歌詞を読むんだけど、泣いてますね(笑)。青春時代をくすぐりまくりで、泣きたくなったら秋元さんの歌詞を漁ってます(笑)。

坂井:でもジェネレーションギャップってありますよね。この間、沢田知可子さんの「会いたい」をこのみちゃんに聴かせたんだけど、全然響いてなかった……(笑)。「いいか、まず冒頭の歌詞、<ビルの見える教室で ふたりは机並べて 同じ月日を過ごした すこしの英語とバスケット そして私はあなたと恋を覚えた>って、これだけで『2人は高校生』という設定が分かるだろ?って。しかも卒業するところまでいくっていうことは、この30秒でもう3年流れたんだぞ? こんなことできるか?」って力説したんですけど、彼女は「はあ……」とリアクションするだけで。

(一同笑)

坂井:「そして、このボーイフレンドは死ぬんだぞ、このやろう!(泣)」って。でも全く響いてないんですよ、やっちゃいました。俺が熱くなってどうするっていう。仕方ないので「沢ちひろさんすげえなあ」って一人で納得して帰りましたよ(笑)。

白戸:いつかきっと、そのやりとりを思い出す日が来ますよ!(笑)。

(取材・文=黒田隆憲/撮影=稲垣謙一)

鈴木このみ『LIFE of DASH』

■リリース情報
『LIFE of DASH』
発売:12月20日(水)
価格:¥3,000+税

<CD> ※順番未定
01. CHOIR JAIL
☆TVアニメ「黄昏乙女×アムネジア」オープニングテーマ
02. DAYS of DASH
☆TVアニメ「さくら荘のペットな彼女」前期エンディングテーマ
03. 夢の続き
☆TVアニメ「さくら荘のペットな彼女」後期オープニングテーマ
04. 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い / 鈴木このみ n’キバオブアキバ
☆TVアニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」オープニングテーマ
05. AVENGE WORLD
☆TVアニメ「フリージング ヴァイブレーション」オープニングテーマ
06. 世界は疵を抱きしめる
☆TVアニメ「フリージング ヴァイブレーション」エンディングテーマ
07. This game
☆TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」オープニングテーマ
08. 銀閃の風
☆TVアニメ「魔弾の王と戦姫」オープニングテーマ
09. Absolute Soul
☆TVアニメ「アブソリュート・デュオ」オープニングテーマ
10. Beat your Heart
☆TVアニメ「ブブキ・ブランキ」オープニングテーマ
11. Redo
☆TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」前期オープニングテーマ
12. Love is MY RAIL
☆TVアニメ「アンジュ・ヴィエルジュ」オープニングテーマ
13. カオスシンドローム
☆TVアニメ「CHAOS;CHILD」エンディングテーマ
14. Blow out
☆TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」オープニングテーマ
15. THERE IS A REASON
☆映画「ノーゲーム・ノーライフゼロ」主題歌
16. 夢へ繋ぐ今(新曲)

■ライブ情報
『鈴木このみ COUNTDOWN LIVE 2017~2018』
12月31日(日) 22時開場 22時半開演
会場:東京・ディファ有明
チケット:全席指定 ¥5,400(税込、ドリンク代別)

■イベント情報
『鈴木このみベストアルバム「LIFE of DASH」発売記念イベント』
12月23日(土)
開場12:30 開演13:00 終了14:00(予定)
会場:ゲーマーズなんば店
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

12月24日(日)
開場12:30 開演13:00 終了14:00(予定)
会場;アニメイト名古屋店<名古屋>第3太閤ビル
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

1月13日(土)
開場18:30 開演19:00 終了20:00(予定)
会場:AKIHABARAゲーマーズ本店
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

■関連リンク
鈴木このみオフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる