>  >  > DARTHREIDERの『NEOTOKYO WORLD』評

CRAZYBOYはヒップホップをどう変える? DARTHREIDER の『NEOTOKYO WORLD』評

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーティストとしての姿勢が見えるドキュメンタリー

 DISC-1とDISC-2の両方に収録されているドキュメンタリー映像からも、CRAZYBOYというアーティストを深く知ることができます。洋服屋に衣装を選びに行って、「これかっこいいね、これ着てライブに出ちゃおうかな」って言って、本当にその格好でステージにあがったりとか、ライブのリハーサル中に、DJ NAKKIDの機材で音を出して遊んでみたりとか、CRAZYBOYのヒップホップ・ライフがありのまま切り取られていて、裏表がないアーティストだということがわかります。

 また、周囲のスタッフたちの姿を見ることができるのも、このドキュメンタリーのポイント。CRAZYBOYのスタッフたちは全員、本気でかっこいいものを作ろうとしているのが伝わるし、たとえばカメラマンひとりとっても、タトゥーが入っていたりして見た目もイケている。日本の芸能界だと、タトゥーが入っていたら地上波に出られないとか、いろいろな制約があるわけですけれど、彼らの現場はそういうこととは関係なく、ストリート・カルチャーに根ざした、かっこいいものを作ろうという目的意識を持った人間が集まっている。また、昔から日本のヒップホップ・シーンを支えてきた裏方の連中もたくさん関わっていて、それも嬉しく思います。

 EXILE HIROさんがどういうイメージを抱いているのかはわからないけれど、少なくとも彼らみたいなプロ意識を持った人々がLDHを通して繋がっている状況は、今後の日本のエンタテインメントの構造を変えるきっかけにもなるかもしれません。

ヒップホップアーティストとしての期待

 日本のヒップホップシーンでは、昔からリアル論争というのがあって、ラップの内容やそのスタイルが本当なのかどうなのかが大事と思われている節があります。でも、たとえばギャングスタ・ラップの代表的アーティストであるN.W.A.のアイス・キューブは、ちゃんと大学も行っていて、本当はギャングでもなんでもないんです。だけど、ギャングのストーリーをラップさせたら誰よりもうまかった。結局のところ、ヒップホップは必ずしもリアルを歌わなければいけないわけではなくて、そこにひとつアーティストがクリエイティブなフィルターを通すことで、エンタテインメントとして成立させているものなんです。もし、本当に日常をそのままラップにしているだけだったら、これほど世界を巻き込むカルチャーには育っていなかったはず。

 そういう意味でも、CRAZYBOYのヒップホップに対する姿勢は、すごく正しいですよね。MVに象徴的だけれど、自分がかっこいいと思っている表現には嘘はないけれど、その世界観や歌詞の内容には、ちゃんとみんなが共有できるかたちのドリームやファンタジーがある。そこで一歩踏み込んだ表現をしていることが大事なんだけれど、実はこういう表現を真正面から、ちゃんとお金をかけてやっている日本のヒップホップ・アーティストって、あんまりいなかったんですよね。

 しかも、CRAZYBOYは日本のJ-POPのど真ん中にいる三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーでありながら、ストレートなヒップホップ表現をしている。これは非常に重要なことで、彼みたいな人が真ん中にドーンといることで、ほかのヒップホップ・アーティストの選択肢も増えるんですよ。CRAZYBOYがこういう表現をやっているなら、じゃあ俺は逆にこうしようとか、それに対してまたメインストリームでこういうことをやってやろうとか、そういう風にいろんなスタイルが出てくることが、シーンの活性化であり、ヒップホップというカルチャーを盛り上げることに繋がるんです。CRAZYBOYには、もっとガンガン行ってほしいですね。

■DARTHREIDER a.k.a. ReiWordup

77年フランス、パリ生まれ。ロンドン育ち東大中退。Black Swan代表。マイカデリックでの活動を経て、日本のインディーズHIPHOP LABELブームの先駆けとなるDa.Me.Recordsを設立。自身の作品をはじめメテオ、KEN THE390,COMA-CHI,環ROY,TARO SOULなどの若き才能を輩出。ラッパーとしてだけでなく、HIPHOP MCとして多方面で活躍。DMCJAPAN,BAZOOKA!!!高校生RAP選手権、SUMMERBOMBなどのBIGEVENTに携わる。豊富なHIPHOP知識を元に監修したシンコー・ミュージックのHIPHOPDISCガイドはシリーズ中ベストの売り上げを記録している。
2009年クラブでMC中に脳梗塞で倒れるも奇跡の復活を遂げる。その際、合併症で左目を失明(一時期は右目も失明、のちに手術で回復)し、新たに眼帯の死に損ないMCとしての新しいキャラを手中にする。2014年から漢 a.k.a. GAMI率いる鎖GROUPに所属。レーベル運営、KING OF KINGSプロデュースを手掛ける。ヴォーカル、ドラム、ベースのバンド、THE BASSONSで新しいFUNK ROCKを提示し注目を集めている。

■リリース情報
『NEOTOKYO WORLD』
発売:9月21日(水)
価格:【DVD2枚組+CD】¥3,500 (本体価格)+税
【Blu-ray Disc2枚組+CD】¥4,500 (本体価格)+税

<収録内容>
DISC 1(DVD / Blu-ray)
– Music Video –
1. NEOTOKYO
2. Tropical Paradise
3. STARSHIP
4. Bad Habits
– Documentary –
1. CRAZYLIFE 1
2. CRAZYLIFE 2

DISC 2 (DVD / Blu-ray)
– NEOTOKYO LIVE –
1. No more cry feat. Ryuji Imaichi
2. STARSHIP
3. Tropical Paradise
4. Anytime / EXILE SHOKICHI feat. CRAZYBOY
5. 0921
6. Bad Habits
7. Around The World / Mighty Crown feat. CRAZYBOY, Fire Ball
8. Heartbeat / DOBERMAN INFINITY feat. CRAZYBOY
9. HELLA RICH feat. CRAZYBOY / ANARCHY
10. OZ Monster feat. OMI
11. BED ROOM / PKCZ® feat. CRAZYBOY, 登坂広臣
12. CHAIN BREAKER (ALBUM Ver) / PKCZ® feat. 登坂広臣, CRAZYBOY
13. NEOTOKYO
14. Tropical Paradise
Documentary of NEOTOKYO LIVE

DISC 3(CD)
– NEOTOKYO EP I – EP II –
1. NEOTOKYO
2. Tropical Paradise
3. 0921
4. STARSHIP
5. Bad Habits
6. No more cry feat. Ryuji Imaichi
7. OZ Monster feat. OMI
8. CLAPTIME feat. ANARCHY, VERBAL, SWAY, DABO

■関連リンク
CRAZYBOY Official Website
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
三代目J Soul Brothers | EXILE TRIBE mobile

      

「CRAZYBOYはヒップホップをどう変える? DARTHREIDER の『NEOTOKYO WORLD』評」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版