>  >  > TIF2017、イラストとともに振り返る

松村早希子の「美女を浴びたい」

amiinA、リリスク、おどるオサカナ、Negicco…TIFを特別な場所にする“天上と地上”のステージ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Negicco

SMILE GARDEN 

 一曲通してアカペラで歌われた「圧倒的なスタイル」に驚愕!

 アカペラのまま、SMILE GARDENに広がるラインダンス。見知らぬ他人と肩を組むことなんて大嫌いだったのに、この曲では自ら進んでやってしまいます。

 そして「愛は光」。この時初めてこの曲を聴きましたが、 ラインダンスで汗をかいた後に静かなバラード曲が全身に染み渡り 、3人がとても丁寧に歌っていて、 歌詞が真っ直ぐに伝わってきました。

 何年も歌ってきた人気曲の次に歌われた、現在のNegicco自身を綴った新しい曲。他の誰にも歌えない、彼女たちだけの曲。

 15年続けられる女性アイドルが存在し、いま目の前で素晴らしい音楽とパフォーマンスを届けてくれたという奇跡が本当に有難く、この時の「愛は光」はまるで天女さまの御心をお聞かせくださったかのよう。5年前にこのTIFで、ライブではなく梨の皮むき大会に参加していたNegiccoが、その境地にまで達したんだ…!と、涙しました。

Negicco「愛は光」

※昨年のTIFレポートはこちら→15分だけのシンデレラーー欅坂46、寺嶋由芙、Negiccoら10組『TIF』出演イラストで振り返る

■松村早希子
1982年東京生まれ東京育ち。この世のすべての美女が大好き。
ブログにて、アイドルのライブやイベントなどの感想を絵と文で書いています。
雑誌『TRASH-UP!!』にて「東京アイドル標本箱」連載中。
Blog
Twitter
Tumblr

      

「amiinA、リリスク、おどるオサカナ、Negicco…TIFを特別な場所にする“天上と地上”のステージ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版