>  > SCREEN modeが見せた表現の奥行き

Cocept Mini Album『SOUL』インタビュー

SCREEN modeが語る、新たな季節の始まり “アニソンなし”で見せた表現の奥行き

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これで新しい扉が開いたら」(勇-YOU-)

ーー後半の5,6,7曲目は、アダルトで、ソウルで、心地よく聴ける曲が並んでます。

雅友:5曲目「True Sweet Heart」は、けっこう難しかった。こういうスタイルのAORっぽい曲は、聴いてはいましたけど、作ったのは初めてだったので。メロディはすぐにできたんですけど、アレンジが大変でした。まあでも、最終的にはかなりいい感じになりました。アル・クーパーっぽくなりましたね。

勇-YOU-:楽しかった。完全に、今までSCREEN modeでは出したことのない声色ですね。喉を開いて。

雅友:トム・ジョーンズっぽい感じ。

勇-YOU-:この曲は演じているという感覚が強くて、ディナーショーで、みんなと握手をしながら歌うみたいな雰囲気もあるし。セリフもあるし、ひとつ振り切ったネタ曲みたいな感じで、楽しかったです。

20170222-screenmode-you2.jpeg

 

雅友:ちなみに6曲目「Never say never end」は、ランドマークタワーの、ロイヤルパークホテルをイメージしてます。作詞の松井五郎さんにも、そう伝えていて。ただこの曲も、満たされているかどうかはわからない。どっちにも取れる。

勇-YOU-:優しさは今夜だけ、と言ってますからね。明日はないかもしれない。もうこの手には鍵もない、と言ってますけど、どっち側の鍵なんだ?という話もあるわけです。もうないから、ずっといられるのか、ないから、入れないのか。

ーー深いです。今回は、作詞家の競演も聴きどころだと思いますよ。勇-YOU-さんをはじめ、松井洋平さん、松井五郎さん、結城アイラさん、村野直球さん。

雅友:豪華ですよね。

勇-YOU-:今回は今まで以上に、内容が重要だったんで。曲に一番合う人にお願いしました。

ーー7曲目のラスト曲「Last Train」は、作詞が村野直球さん。

勇-YOU-:これははっきり、結果がわかっているんですけどね。最後には振られちゃう。結局ダメになるんだけど前を向いて行く、みたいな内容にしてもらいました。でもね、これもどっちとも取れるんですよ。前を向いて行くと言いながらも〈忘れたくて 忘れない〉と言ってますから。忘れていない可能性がある。

雅友:本当に前に進みたいと思っているのかい?と。

ーーいいですね。この、もやっとした感じ。アダルトだなあ。

雅友:もやっとしたまま、リピート再生すると、1曲目の魂の叫びに戻る(笑)。濃いですよ、今回は。

勇-YOU-:濃口だね。

雅友:ミュージシャンも、一流の方ばかりにやってもらってるんで。「Never say never end」のソプラノ・サックスは、平原まことさん。平原綾香さんのお父さんです。ソプラノ・サックスは、日本で一番うまいんじゃないかな。ベースも鈴木正人さんという素晴らしい方に、「True Sweet Heart」や「Last Train」で弾いてもらったりしてます。

20170222-screenmode6.jpeg

 

ーーみなさん、ぜひこれを入り口に。新しくて深い音楽の世界へ。

勇-YOU-:新しい扉が、これで開いたらいいなと思います。SCREEN modeの、アーティストとしての奥行がぐっと出て、これからの活動の糧になるアルバムですね。僕らにとっても新たな1ページを、多くの人に聴いてもらいたいです。アニメソングは入ってないですけど。

雅友:ワンマンのDVDもついてますしね。

勇-YOU-:そうそう。これもランティスの神対応で、去年の4月にやった恵比寿LIQUIDROOMでのライブが、丸ごと入ってます。すごいんですよ、このCDは。リリース・イベントの参加券(※詳細はHPをチェック)も先着順でついて、ライブDVDもついて、アルバム1枚入っていて、この値段。どんだけ神対応やねん!と思いますよ。

雅友:ぜひみなさん、聴いて、見ていただきたいですね。

(取材・文=宮本英夫/撮影=三橋優美子)

■リリース情報
『SOUL』
発売日:2017年2月22日(水)
価格:¥2,500+税

<CD収録内容>
1. SOU
作曲:太田雅友
2.WHY NOT!
作詞:松井洋平
作曲・編曲:太田雅友
3.Liar
作詞:結城アイラ、林 勇
作曲・編曲:太田雅友
4.Interlude(Why do I love you so much?)
作詞:結城アイラ、林 勇
作曲:太田雅友
編曲:太田雅友、EFFY
5.True Sweet Heart
作詞:松井洋平
作曲・編曲:太田雅友
6. Never say never end
作詞:松井五郎
作曲:太田雅友
編曲:太田雅友、EFFY
7.Last Train
作詞:村野直球
作曲:太田雅友
編曲:太田雅友、EFFY

<DVD収録内容>
・リード曲「WHY NOT!」のMusic Video
・リード曲「WHY NOT!」のMusic Video ー演奏 Ver.ー
・SCREEN mode LIVE 2016 Spring「Live Naked」LIVE映像
 極限Dreamer/Naked Dive/アンビバレンス/LφVEST/アメイジング ザ ワールド/Bloody Rain/RED AND BLACK/君と僕の願いのまま/START LINE/LOVE and FAKE/ワナガナCHANGE!/Distance ~風の先へ~/Crystal Kiss/ハジマルメロディ/Brand-new land/Happiness!/Hello HALO/STAR PARK

■ライブ情報
『SCREEN mode LIVE TOUR 2017 Spring “SOUL”』

2017年4月15日(土)
愛知:SPADE BOX OPEN 17:30 / START18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

2017年4月16日(日)
大阪:OSAKA MUSE OPEN 16:30 / START17:00
問い合わせ先:キョードーインフォメーション 057-200-888

2017年4月30日(日)
東京:渋谷 CLUB QUATTRO OPEN 16:00 / START17:00
問い合わせ先:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878

チケット代:スタンディング ¥4,200(税抜価格)
※整理番号順入場※ドリンク代別途必要※3歳以上有料※1人1公演につき4枚まで

SCREEN mode Official HP
ランティスHP

「SCREEN modeが語る、新たな季節の始まり “アニソンなし”で見せた表現の奥行き」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版