>  >  > Flowerベスト盤全曲レビュー(DISC2)

Flower、『THIS IS Flower THIS IS BEST』全曲レビュー後編(DISC2)

関連タグ
Flower
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Flowerが9月14日にベストアルバム『THIS IS Flower THIS IS BEST』をリリースした。同作はこれまで彼女たちがリリースしてきたシングル表題曲を、現体制で再度新録したものや、人気カップリング曲などを多数収録。CDだけで2枚組26曲、DVDも含めると4枚組の超大作だ。先日アップした全収録楽曲のレビュー前編では、シングル表題曲を集めて新体制で収録したDisc1について、楽曲面におけるグループの歴史と、新録曲での進化を紐解いてきた。後編となる今回は、カップリング曲を収録し、音楽的な挑戦も多いDisc2について分析してみたい。

「CALL(version2016)」

 3rdシングル『forget-me-not 〜ワスレナグサ〜』の初回生産限定盤・通常盤に収録。表題曲である「forget-me-not 〜ワスレナグサ〜」が、彼女らにとって新境地となる楽曲だったことに対し、「CALL(version2016)」は2ndシングル表題曲「SAKURAリグレット」を手掛けた中野雄太が一部作詞と作編曲を担当。「SAKURAリグレット」のオリエンタルで切ない雰囲気を継承しつつ、硬質なビートも導入した楽曲は、この後のFlowerカップリング曲において、ひとつの“王道パターン”的なフォームを形作ったといえる。

「Boyfriend(Moonlight Version)(version2016)」

 5thシングル『太陽と向日葵』の初回生産限定盤・通常盤に収録されている楽曲。小竹正人とHiroki SagawaがFlowerに転機をもたらした表題曲と対をなすように、これまでシングル表題曲をプロデュースすることの多かった松尾潔が、彼の本領発揮と言わんばかりにアメリカン・ポップスの色を前面に打ち出したダンスナンバー。ちなみに同曲は『VOCAL BATTLE AUDITION 3』のレコーディング課題曲をFlower用にブラッシュアップしたものであり、『太陽と向日葵』と同日にリリースされたHappinessのシングル『Sunshine Dream ~一度きりの夏~』には、別バージョンである「Boyfriend(Sunshine Version)」が収録されている。

「初恋(version2016)」

 6thシングル『白雪姫』の初回生産限定盤・通常盤に収録されている、Chris Meyer・Takumi Tsukada・Graceのコライトによって製作された楽曲。先述した「CALL」に通ずる“王道パターン曲”であり、よりリズムマシンのスネアが細かく刻まれていて、トラップの要素が強まっている印象を受ける。

「Dolphin Beach(version2016)」

 7thシングル『熱帯魚の涙』の初回生産限定盤・通常盤に収録されている楽曲。同作より表題曲・カップリングともに小竹が作詞を担当するようになり、作品を通してFlowerの世界観が統一され始めた。楽曲はSKY BEATZ・SHIKATA・CASPER・MAXXのコライトによるもので、切なさと躍動感を見事に共存させた展開や、使用されている水滴のサンプリング音が同じくSKY BEATZの手がけている「熱帯魚の涙」と共通するなど、ファンならニヤリとさせられる要素が含まれていることも記しておきたい。

「Flower Garden(version2016)」

 8thシングル『秋風のアンサー』の初回生産限定盤・通常盤に収録されており、自身のグループ名をタイトルに冠した、グループにとっても特別な一曲。表題曲ではなかなか見ることのできないストレートなアップテンポのアレンジや、小竹による<あなたがいて 私がいるの それだけでもうLike a flower garden>という歌詞は、ラブソングでもあり、ライブでのファンとの交流を表しているかのように思える。

「Clover(version2016)」

 10thシングル『Blue Sky Blue』の初回生産限定盤・通常盤に収録されている、美メロとトラップ風のビートが絡み合う“王道パターン曲”。歌詞の世界観は、リリース時に行なったインタビューで鷲尾が「小竹さんから『Flowerに書いた曲のなかで一番若い歌詞で、あなたたちが歌ってもリアルではない』って言われました(笑)」と語っているように、表題曲と共通する明るさやフレッシュさを含んだものに仕上がっている(参考:http://realsound.jp/2015/04/post-3120.html)。

      

「Flower、『THIS IS Flower THIS IS BEST』全曲レビュー後編(DISC2)」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版