>  >  > 関ジャニとWEST兄弟のような関係性

関ジャニ∞とジャニーズWEST 兄弟のような2グループの関係性を探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズWESTが、『2016年 上半期観客動員ランキング』(LiveFans調べ)で1位を獲得した。(参考:ジャニーズWESTに感じる“勢い” 各グループの現状が反映された『ライブ動員ランキング』)ドラマやバラエティへの出演など、個々に活躍する姿を目にする機会も増えており、目覚ましい成長を遂げているジャニーズWESTのメンバーたち。しかし、その成長の裏には、これまで彼らが目標としてきた関ジャニ∞の存在がある。

realsound_westts.jpg(C)タナカケンイチ

 かつて、関ジャニ∞のバックダンサーを務めていたのが、主に現在のジャニーズWESTのメンバーだ。ジャニーズWESTは、2015年2月19日放送の『VS嵐』(フジテレビ)に出演した際、メンバーそれぞれが憧れの先輩として濱田崇裕・重岡大毅が丸山隆平、神山智洋が錦戸亮、藤井流星が大倉忠義の名を挙げていた。

 重岡は、2014年放送のドラマ『SHARK~2nd Season~』(日本テレビ)にベーシストの役で出演した経験を持つ。当時、楽器の経験がほとんどなかった重岡は、関ジャニ∞のベース担当・丸山に相談したところ、ベースを一式持ってきて教えてくれたというエピソードを『デイリースポーツ』(2014年3月28日発刊)で明かしていた。そのような丸山のサポートがあったことで、重岡は迫力ある演奏シーンを再現できていたようだ。

 また、中間は、2015年2月14日放送の『王様のブランチ』(TBS)に重岡と共に出演した際、「なかでも横山くん、村上(村上信五)くんは憧れてましたね。お兄さん的存在なんです。僕らのことを凄い考えてくださって」と関ジャニ∞のメンバーを兄のように慕っていると話していた。村上の名前を挙げた理由として、村上がスタッフに頭を下げているところを目撃し、その理由が「関西Jr.にもラジオ番組をやらせてあげてほしい」だったことに感動したというエピソードも披露した。現在、中間は桐山と共にラジオ番組『関ジャニ∞村上信五 ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)に出演。Jr.当時憧れだった村上と共演し、トーク術を間近で吸収することはもちろん、様々な悩みを番組内で打ち明けるほどの間柄となっている。

      

「関ジャニ∞とジャニーズWEST 兄弟のような2グループの関係性を探る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版