JUONが描く、ギターサウンドの未来形「EDMフェスとロックフェス両方に出られる存在になりたい」

JUONが描く、ギターサウンドの未来形「EDMフェスとロックフェス両方に出られる存在になりたい」

160603_juon_3.jpeg

 

「音楽ってもっと広いもの」

ーーFUZZY CONTROLとしては、プロデューサーに亀田誠治さんや織田哲郎さんを迎えていましたが、ソロ活動につながるものとして得たものは大きかった?

JUON:大きかったですね。お2人には、曲作りに対しての考え方を教えてもらいました。自分の型にハマってしまって、自分の庭だけでプレイをしてしまい、固定観念に縛られたようなやり方では、そのうちオーディエンスの存在を忘れてしまい、どんどんマニアックになってしまいがちなんです。正直、そういう音楽の方がカッコイイと思っていた時期もありましたしね。でも、音楽ってもっと広いものだし、そこをちゃんと広げてあげれば、すごい景色が広がっているんだよっていうことを、亀田さんにも織田さんにも教えてもらいました。

ーーなるほど。

JUON:人はつい「変わること」を恐れて、新しい扉を開けて進んで行くことをためらってしまうんですよね。たとえば音楽でも、自分が今まで築き上げてきた範疇で勝負することは出来ても、「自分が全く知らない場所に出かけてみよう!」っていうふうには、一人ではなかなかなれない。そんなときに亀田さんが、「大丈夫、君が探しているモノは絶対にあるよ、一緒に探しに行こう」って言ってくださって。初めてお会いした時に亀田さんが、「いろいろあると思うけど、まず俺のこと信じて」って言ってくださったのを鮮明に覚えています。

ーー最初は戸惑いがあったのですね。

JUON:そうなんです。「こんなに自分をさらけ出してしまってホントにいいのかな」「こんなにポップな曲調で大丈夫かな」って。それまでの自分は、なるべく本心を隠して、わざと汚して「カッコイイだろ?」っていうやり方だったので。そのヒネくれた部分を素直に戻していく作業は、かなりパワーが必要でした。そこで悩んだり、迷ったりしたこともあったんですけど、亀田さんが最初に言ってくださった言葉を思い出して、それで前に進んでいく日々でしたね。

ーー亀田さんとの作業で、何か思い出に残っていることはありますか?

JUON:「COOKIE IN A JAR」(『SUPER FAMILY CONTROL』収録)という曲は、2人でアコギを抱えて、それこそ膝を付き合わせるようにして、意見を出し合いながらほとんど共作みたいな形で曲を作っていきました。「亀田さん、こんなのどう?」「お、いいんじゃない? でも、ここはもうちょっとイケるでしょ」みたいな感じで。あんな作業は初めてでした。

ーー自分一人では開けなかった、新たな引き出しも開いてもらえそうですよね。

JUON:そうなんです。自分の感覚がどんどん変わっていくのがわかりました。「伝わればいいかな」くらいに思ってた気持ちが、「伝えたい!」っていう意識にどんどん変わっていきましたね。本当に素晴らしい経験をさせてもらったと思っています。

ーー織田哲郎さんからはどんなアドバイスをもらいましたか?

JUON:主にボーカル録音のディレクションについて、ホントにいろんなことを教えてもらいました。たとえば滑舌。これ僕の癖で、たとえば「かならず」っていうフレーズを、「きゃならず」って歌ってしまっていたんですね。それを、ちゃんとフラットに「かならず」って歌えるまで直されました。……これってトップシークレット級のメイキングですよ?(笑)

ーーありがとうございます(笑)。

JUON:そういう、ちょっとした補正によって、歌詞全体の聴こえ方や、ひいては楽曲の魅力そのものに影響を及ぼすんですよ。我ながら、聴いてて「おおおー!すげえ!」って思いましたね。自分のクセを治していくのは結構時間かかったんですけど、その頃はまだ二十歳くらいだったので、自分自身が目に見えて成長していくのが楽しくて仕方なかったです。スポンジボブみたいな感じ。

ーー(笑)。なんでも吸収できたんですね。

JUON:はい。吸収していくとともに、ボーカリストとしての自覚も強く持てるようになっていきました。亀田さんと織田さんには、曲のリライトも何度も指示されたんですけど、今振り返ってみても、あのとき頑張って直してよかったなあって思いますね。「まだ行けるはずだよ?」って言ってくださったのは、僕の実力を信じてこそですもんね。それに応えられたことも嬉しかったし。それに、「もっと良くなるはずだから、もう一度書いてきて」じゃなくて、「こんな曲ダメだよ、もう一度書いてきて」だったら、心折れてたかもしれない(笑)。きっと、言葉を選んでくださったんですよね。ありがたかったなと思います。

ーーそのあとDREAMS COME TRUEや稲葉浩志のサポートメンバーに抜擢されるわけですが、いわゆるスタジアム規模、ドーム規模のステージに立ったことで、見える景色も変わってきたのではないですか?

JUON:もう、全てが変わりました。「自分の見たい景色は、これなんだ」って思いましたね。もちろん、ライブハウスの良さも知っているし、そこでの景色も大好きなんですけど、自分はスタジアムの景色を、ファジコンで見たいんだなって。昔のビートルズじゃないですけど、お客さんの声援で自分たちの演奏がかき消されてしまうような……(笑)。そんなステージに立ちたいですね。そして、そういう場所にふさわしい、スケールのでかい音楽をやりたいって思うようになりました。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!