>  >  > 欅坂46、ポスト「アイドル戦国時代」の戦い方

欅坂46が提示する、ポスト「アイドル戦国時代」の戦い方 乃木坂46とも異なるグループ戦略を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カップリングに見る今後の欅坂46の展開

欅坂46 『手を繋いで帰ろうか』Short Ver.

 表題曲の「サイレントマジョリティー」がクールでシリアスな印象を与える一方で、2曲目に収録された全員歌唱曲「手を繋いで帰ろうか」は、青春の甘酸っぱさを前面に押し出した一曲だ。ノスタルジーを感じさせるピアニカの音色と、表題曲とは異なり爽やかな印象を与えてくれるアコースティックギターが心地よい。菅井友香と守屋茜の寸劇を挟むダンスもキュートで、アイドルらしからぬ「サイレントマジョリティー」とのギャップを生み出している。「サイレントマジョリティー」のような曲をメインにしつつ、そのフレッシュさと可愛らしさを活かした、いわゆる“アイドル然とした楽曲”も歌える振り幅の広さがしっかり見えることに、メジャーアイドルとして成功する力量が感じられる。

欅坂46 『山手線』Short Ver.

 そして、「サイレントマジョリティー」でセンターとして圧倒的な存在感を放つ平手のソロ曲「山手線」では、14歳とは思えないその表現力が、振り付けの当てられていないフリーのパートでいかんなく発揮されている。昭和のソロアイドルが歌っていたような歌謡曲をそのまま歌って成立しているのは、個人としてのポテンシャルががそれだけあるということだろう。乃木坂46における西野七瀬のように、彼女はこれからもソロ曲を増やしていきそうだ。

欅坂46 『渋谷川』Short Ver.

 また、今泉佑唯×小林由依のユニット“ゆいちゃんず”による「渋谷川」は、2人の弾き語りにオーケストラアレンジを加えたスタイル。歌が得意な今泉と、弾き語りが特技の小林――同ユニットは、欅坂46が『新春!おもてなし会』でみせた「部活動」から生まれたものだ。「音楽部」に所属する彼女たちの前例ができたことで、バイオリンが得意な長沢菜々香や、ピアノが弾ける菅井友香らにも見せ場ができそうだし、平手や鈴本美愉らが所属する「ダンス部」によるダンス&ボーカルユニットソングが生まれるかもしれない。

「欅坂46が提示する、ポスト「アイドル戦国時代」の戦い方 乃木坂46とも異なるグループ戦略を読む」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版