>  > SCANDALが掲げるバンドの“使命”

SCANDAL『YELLOW』インタビュー

SCANDALが掲げるバンドの使命「“Rock”のとなりに“Girls Rock”が並ぶ時代を作りたい」

関連タグ
SCANDAL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちゃんと落ち着いて息を吸えるようになったとでもいうか、良い意味でラフな感じ」(HARUNA)

SCANDAL『Stamp!』

 

ーーワールドツアーを経て得たものも大きかったと思うのですが、その後リリースした「Stamp!」「Sisters」という今までなかったタイプのシングル曲や、ナチュラルになったビジュアル面などにバンドの変化が見られて。

20160302-tm.jpgTOMOMI(Ba, Vo)

TOMOMI:自然な流れで、自分たちの現在のモードなんですね。デビュー当時の私たちで居続けるのは難しいと思いますし、続けるには変化も必要ですし。自分たちが今やるべきこと、やりたいことを押し出して表現するとこうなった感じですね。でも、解らないんですよ、今後は(笑)。またデビュー当時みたいなスタイルに戻るかもしれないし、全然違う方向に行くかも知れない。自分たちでも今後どうなっていくか分からないから楽しみですね。

MAMI:ワールドツアーを経験して、バンドの自由度が増したというのはあります。「肩の力を抜いた状態でいよう、こっちのほうがいいな」という気持ちになれて、それがちゃんとアルバムに反映出来たと思いますし、そういうモードでアリーナツアーも周れました。今まではアリーナだと記念にすることも多かったので、衣装や舞台のセットだったり、気合いを入れていたんですけど。でも今回は「ライブハウスでやる感覚でアリーナでもやりたいね」と話していたので、すごくシンプルに。バンドの現在のモードとして、一つの核が出来たなと思っています。

RINA:デビューしたときから、守備的なバンドではないなと思っていて。今、世界的に見ても、こういうハッピーなロックが足りてないと思うんですよ。だから、私たちの現在の攻めの姿勢というのが、こういうサニーサイドなもの、というだけなんです。力んで、気合いを入れてデビューして、まっすぐに解りやすくマイナー調のロックをたくさんやっていた時代があって。そこから少しずつナチュラルに、リラックス出来るスタイルに変わっていった……。いろんなことを経て、そのときにやるべきことを見い出してきたんです。どの時代でも自分たちのベストを出してこられたと思っています。1年に1枚のアルバムを毎年欠かさずに作ることができたので、その1年のモードというものを伝えられているはず。だから過去の楽曲もすごく好きだし、いろんなサポートを受けて出来上がったものですし、その曲たちにすごく影響を受けて、今の自分たちがある。すべてが延長線上にあると感じています。

ーー今年2016年8月に結成10周年を迎えますが、これからのことを含めて今の心境はどうでしょうか?

HARUNA:自分たちの大事な年に、こうして自分たちだけで作ったアルバムをリリース出来ることがすごく嬉しいです。普通のバンドから見たら、10年かけてそこにたどり着くのは遅いのかもしれないけど、自分たちは着実にいろんな経験をしてきて、やっとここまで来れたと思っているので、これをきっかけにいろんなことにチャレンジしていきたいなと。まだまだ先は長いと思っているので。これからのことは、自分たち自身がすごく楽しみですね。

RINA:長く続ける秘訣は、緩さだなと思っていて。ネジを思いっきりギュっと締めてから、いい具合に緩める。今まさにその時期で、1回締めたからこそ、いい緩さが出せるんです。そういう余裕があるのとないのとでは、未来の長さが全然違うと思うんですよ。本当に楽しいと思いながら、ずっと続けて行きたいです。

ーー結成経緯含め、通常のバンドとは少し違った道を歩んできた部分もあるからだと思うのですが、バンドや音楽に対する姿勢や考え方が他と良い意味で少し違ったりすることもあって、興味深く思ってました。柔軟だし実直、ピュアというか。時折ハッとさせられることが多々あったんですよ。数年前「バンドが解散したり、メンバーが脱退する気持ちが解らない」というようなRINAさんの発言が印象的で……。

RINA:……尖ってましたね。

一同:(大笑)

ーーそういう言葉が、サラっと出てくることが素敵だなと。

20160302-rn.jpgRINA(Dr, Vo)

RINA:ガールズバンドって、短命だと言われていて。その理由も自分たちで解るんですけどね。やっぱり、女性としての生き方を全うしつつ、長く続けるのがカッコイイんですよ。今、ZELDAの活動歴17年(1979~1996年)がギネス記録なんですけど、そこを更新出来るように頑張りたいんです。生半可な気持ちじゃ無理だと思うんですけど、アイデアを途絶えさせることなく、常に「目を離したくない」と思わせるバンドであり続けたいなと。

ーーバンドのモチベーション含め、すごくいい雰囲気ですね。

HARUNA:すごく開放的ですよ、今。これまでは結構、肩肘張ってきましたけど、ちゃんと落ち着いて息を吸えるようになったとでもいうか、良い意味でラフな感じです。今後もこういう気持ちでずっとやって行きたいですね。

TOMOMI:こうなりたいな、という目に見えるようなものがないんですよ。ただ、ライブハウスでやっても、アリーナでやっても、いつも変わらない自分たちがステージ上にいるバンドでありたい。そのときの自分たちのモードとか、その時代に合った音楽をのんびりやり続けられたらいいなと思います。

RINA:それと、ガールズバンドというジャンルをもっとポピュラーなものにしたいというのは強くあります。そこに対しては使命感みたいなものもあるんです。「ガールズバンドが男性バンドより劣っている」というようなイメージや意識があるのはもったいない。私たちはガールズバンドと括られることに誇りを持っているので。海外に出るとよく解るんですけど、日本独自の文化でもあって、こんなにたくさんガールズバンドが活動している国は他にないんです。だから日本からこのムーブメントをもっと拡げていきたい。時間は掛かるかもしれないけど、“Rock”のとなりに“Girls Rock”が並ぶような時代を作ることが出来ればいいなと思ってます。

(取材・文=冬将軍)

■リリース情報
『YELLOW』
発売:2016年3月2日(水)
価格:完全生産限定盤 価格:¥5,200(税込)SPECIAL ORIGINAL T-shirt付き
初回生産限定盤(CD+DVD)価格:¥3,700(税込)【DVD内容】YELLOW OPENING MOVIE “Room No.7”
通常盤(初回仕様限定盤)価格:¥3,200(税込) 【初回限定仕様】ステッカー
※全形態共通。デジタル抽選会の参加券封入。“SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」”ツアーのMeet & Greetへの招待。

iTunes
mora 
レコチョク

<収録内容>
1.Room No.7
2.Stamp!
3.LOVE ME DO
4.Morning sun
5.Sunday Drive
6.今夜はピザパーティー
7.ヘブンな気分
8.SUKI-SUKI
9.LOVE
10.Sisters
11.Happy Birthday
12.ちいさなほのお
BONUS TRACK Your song –English ver.-

■ライブ情報
SCANDAL TOUR 2016『YELLOW』
4月13日(水)宮城・仙台PIT
開場 18:00/開 演 19:00 お問い合わせ:G.I.P 022-222-9999
4月14日(木)宮城・仙台PIT
開場 18:00/開 演 19:00 お問い合わせ:G.I.P 022-222-9999
4月16日(土)新潟LOTS
開場 17:30/開 演 18:00 お問い合わせ:FOB企画 025-229-5000
4月17日(日)新潟LOTS
開場 16:30/開演 17:00 お問い合わせ:FOB企 画 025-229-5000
4月21日(木)福岡・Zepp Fukuoka
開場 18:00/開演 19:00 お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
4月23日(土)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
開場 17:00/開演 18:00 お問い合わせ:キャンディープロモーション 082-249-8334
4月24日(日)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
開場 16:00/開演 17:00 お問い合わせ:キャンディープロモーション 082-249-8334
4月30日(土)香川・高松festhalle
開場 17:00/開演 18:00 お問い合わせ:デューク 087-822-2520
5月1日(日)大阪・なんばHatch
開場 17:00/開演 18:00 お問い合わせ:SOUND CREATOR 06-6357-4400
5月3日(火・祝)愛知・Zepp Nagoya
開場 17:00/開演 18:00 お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
5月4日(水・祝)愛知・Zepp Nagoya
開場 16:00/開演 17:00 お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
5月8日(日)北海道・Zepp Sapporo
開場 17:00/開演 18:00 お問い合わせ:WESS 011-614-9999
5月11日(水)東京・Zepp Tokyo
開場 18:00/開演 19:00 お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
5月13日(金)東京・Zepp Tokyo
開場 18:00/開演 19:00 お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
5月14日(土)東京・Zepp Tokyo
開場 17:00/開演 18:00 お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
5月19日(木)大阪・なんばHatch
開場 18:00/開演 19:00 お問い合わせ:SOUND CREATOR 06-6357-4400
5月20日(金)大阪・なんばHatch
開場 18:00/開演 19:00 お問い合わせ:SOUND CREATOR 06-6357-4400
6月9日(木・祝)香港・Star Hall
6月11日(土)台湾・att show box
※海外公演詳細についてはオフィシャルサイトを確認のこと。

一般発売: 3月12日(土)10:00~
チケット料金:¥4,860(1人4枚まで購入可能、4歳以上チケット必要)

SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』
2016年8月21日(日)大阪・泉大津フェニックス 開場:13:00/開演:16:30 
お問い合わせ: SOUND CREATOR TEL: 06-6357-4400(平日12:00~19:00)

<券売スケジュール>
・オフィシャルWEB先行:3月1日(火)12:00~3月16日(水)23:59
・一般発売:2016年5月21日(土)10:00~
料金:¥7,560

SCANDALオフィシャルサイト
SCANDALオフィシャルTwitter
SCANDALオフィシャルInstagram
SCANDALオフィシャルYouTube Channel

      

「SCANDALが掲げるバンドの使命「“Rock”のとなりに“Girls Rock”が並ぶ時代を作りたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版