>  >  > amazarashiのサウンド変遷を追う

金子厚武のプレイヤー分析

amazarashiのサウンド変遷ーー北欧バンドのスケールと邦ロックのエッジをどう兼ね備えたか

関連タグ
amazarashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 amazarashiがニューシングル『スピードと摩擦』を8月19日に発表した。先日16日には「デビュー5周年記念ライブ」として3D映像を用いたステージを披露するなど、彼らはそのメディアアート的な面白さに注目が集まることが多く、“スピードと摩擦”にしても、“穴を掘っている”や“季節は次々死んでいく”に続いて本山敬一がクリエイティブディレクターを担当し、女子高生がトイレで踊り狂うビジュアルがインパクト抜群のミュージックビデオが既に大きな話題を呼んでいる。しかし、ここではamazarashiの楽曲自体の魅力に改めて着目し、そのサウンドの変遷を追ってみたいと思う。

 そもそもamazarashiはメンバーとしてクレジットされているのが中心人物の秋田ひろむとキーボード担当の豊川真奈美の2人だけで、ライブではサポートメンバーが加わるという、いわば不定形ユニット。そのためもともと曲調は多彩で、またサポートメンバーの一人であり、近年はさまざまなアーティストのプロデュースや、ドラマ、アニメ、映画の劇伴などを幅広く担当する出羽良彰がデビュー当初からアレンジャーとして参加しているのも見逃せないポイントだ。つまり、秋田のソングライティングと、出羽のプロフェッショナルなアレンジメントによって、amazarashiの楽曲は形成されているのである。

 基本はベーシックなロックバンドだが、ピアノやストリングス、グロッケンなどで緻密に構築された楽曲はときにクラシカルであり、壮大なサウンドスケープを描く。エレクトロニカ風の音響面も含め、それはポストロック的だと言ってもいいだろう。2013年作の『ねえママ あなたの言うとおり』からは生のストリングスを導入してよりサウンドの質感を広げ、その成果は2014年作の『夕日信仰ヒガシズム』に収録された感動的なバラード“ひろ”に結実。この生楽器志向は「あまざらし」名義でのプレミアムライブへと発展し、今年5月には『あまざらし 千分の一夜物語 スターライト』としてパッケージされてもいる。

 “スピードと摩擦”はamazarashiにとって今年2枚目のシングルであり、2月に発表された“季節は次々死んでいく”と共に、アグレッシブな曲調が特徴。順番に解説していくと、まず“季節は次々死んでいく”は、裏打ちのハイハットが入った、いわゆるダンスロックの4つ打ちではなく、心臓の鼓動を想起させるようなプリミティブな4つ打ちが何とも高揚感を誘う一曲。流麗なピアノと左右に配置されたギターが絡み、サビではストリングスとクワイア調のコーラスが加わって、ドラマチックに展開するカタルシスはかなりのものがある。

      

「amazarashiのサウンド変遷ーー北欧バンドのスケールと邦ロックのエッジをどう兼ね備えたか」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版