Sexy Zone、新アルバムの狙いは“嵐”以後の新基準? 厳しく切磋琢磨するグループへ

 そうした認識で次のアルバムの収録曲を見ると、狙いはよりはっきりしてくると、同氏は続ける。

「収録曲の数こそメンバーによって違いますが、一人ひとりの個性をしっかり見せて、グループの魅力を多方面から捉えられる構成になっているとは思います。メンバー自身も現体制にはすでに納得していて、前向きに頑張ってきたはずなので、それぞれがどう成長したのかに注目したいです。このアルバムがきちんとファンに評価されれば、新体制への理解も深まり、グループとしてより飛躍できるのではないでしょうか」

 嵐の“仲良し路線”とは異なる方法で、新たなアイドルグループ像を打ち出そうとしているSexy Zone。そのアルバムは、果たしてどう受け止められるのだろうか。

(文=松下博夫)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!