AKB48メンバーが宮本亜門ミュージカルの主役を争う 横山由依「こんな気持ちになるのは久しぶり」

 まずは石田晴香、石塚朱莉、岩田華怜、梅田彩佳の4人が挑戦。前回、2012年のオーディションで最終審査に残った梅田や、舞台経験のある石田などがパワフルに喜びを表現した。岡田奈々、木崎ゆりあ、斉藤真木子、佐藤実絵子のグループは、2012年のオーディションで最終審査に残った斉藤や、28歳の佐藤、女優としても活躍する木崎などが挑戦。佐藤は気合が入り過ぎて雄叫びを上げたり、岡田は「ダンスは苦手だし下手だけど楽しめた」と満面の笑みで答えた。

 竹内美宥、田野優花、中西智代梨、中村麻里子のグループでは、2012年のオーディションを断っていたという田野が一際目立つ演技を披露。宮本からも「すごくいい。ダンスが好きなのが全身に出ていて魅力的」だと評された。

 古畑奈央、宮脇咲良、矢方美紀、薮下柊、横山由依のグループは、横山が前回1次落選という悔しさを吹き飛ばすようなダンスを披露。宮本から「『また新たな自分があるはずだ』って言ってる感じが出てきてよかった」と称賛されると、横山は「こんな気持ちになるのが久しぶりで、未知の自分への挑戦がワクワクして楽しかった。プライベートを充実させれば変わるかなと思って、いろんなことに挑戦してみた。ホットヨガを始めました」と語り、審査は終了した。

 最後に、結果発表では石塚、梅田、岡田、斉藤、田野、中西、古畑、横山の名前が呼ばれ、この8人が歌唱審査に進んだことが発表され、番組が終了した。

 各メンバーが舞台への情熱を体全身で表現した今回の放送。次回は歌唱審査の模様がオンエアされる予定だ。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる