>  >  > J-ROCKの凄腕ベーシスト6選

スピッツ田村、WRENCH松田、NoGoD華凛……実は凄腕なJ-ROCKベーシスト6選

関連タグ
スピッツ
WRENCH
NoGoD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、後半は視点を変え、見た目もスタイルも個性的なベーシストに注目してみたい。

テクニカルな女形 華凛(NoGoD)

FRONTIER (Short version)/NoGoD

 奇抜すぎるヴィジュアルからイロモノと見られがちであるが、ハードロック、メタルをベースとした音楽性、各々の演奏技術もハイレベル。まさに「もっと評価されるべき」という言葉が似合うバンドだろう。そんな強者どものメンバーの中で、笑顔で悠々と5弦ベースを弾く女形ベーシストである。人差指・中指・薬指を使った高速3フィンガーの指弾きを得意とし、随所に親指を加えた4フィンガーをも巧みに操るテクニカルプレイヤーだ。スラップは勿論、ギターのKyrie(キリエ)との“ピロピロ”(タッピング)対決もライブにおけるハイライトである。

karin(NoGoD)

 そんな長年親しまれた“女形”を先日卒業した。これからはイケメンベーシストとしての新境地開拓に期待したい。

異様なほどの中毒性 マーガレット廣井(八十八ヶ所巡礼)

八十八ヶ所巡礼「仏滅トリシュナー」

 サイケデリックでプログレッシブ? そんなジャンルなんてどうでもよくなる無稽ながらも中毒性の高い世界観。メディア露出もなければ宣伝もしない、ライブ活動とそのクチコミだけでカルト的な人気を誇る。表現のしがたいつかみどころのないプレイ。そのボーカルスタイルと共に、独創的なデザインで有名なハイエンドベース・アトランシアのオリジナルモデルも相俟って、ビジュアル面でも怪しさを醸し出している。

カオスティックなツインベース 猫田ヒデヲ・宇野剛史(GOLIATH)

GOLIATH – blackout – Official

 最後に紹介するのは、従来のバンド編成とは一味違うツインベースバンド、ART-SCHOOLとFOX LOCO PHANTOMのメンバーを中心に結成されたGOLIATH(ゴライアス)。ボトムを支えるという従来のベースの役割に加え、リードを弾くというギターの領域までを行き来する二本のベース。その複雑に音が絡み合う様はオリエンタルでジャンルが入り乱れた楽曲とサウンドのカオスティックさを演出している。

 「縁の下の力持ち」などとも言われるベーシストであるが、土台を支えながらもそこに自分らしさを投じる。バンドのリズムとグルーヴを司り、場合によってはギタリスト以上に前へ出ることだって可能である。

 歌はベースの音、フレーズが肝になる場合が多く、ライブではベース音の聞き取りやすさを重視するボーカリストも多い。新人ボーカリストの成長過程において腕の良いベーシストに巡り合うことが重要視されることもある。名作映画に主演を支える名脇役が居るように、良いバンドには良いベーシストがいるものだ。

■冬将軍
音楽専門学校での新人開発、音楽事務所で制作ディレクター、A&R、マネジメント、レーベル運営などを経る。ブログtwitter

      

「スピッツ田村、WRENCH松田、NoGoD華凛……実は凄腕なJ-ROCKベーシスト6選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版