>  >  > 「アナ雪」旋風、最新チャートに届いた?

石井恵梨子のチャート一刀両断!

「アナ雪」旋風がようやくチャートに反映するも、1位の福山には届かず

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽的に真摯な情熱があり、本人の制作意欲も高く、経験とともに歌詞の味わいも深まっている。歳相応の孤独や家族愛、昭和オヤジ的ユーモアなどもひっくるめて「相変わらずかっこいい福山」が味わえる本作は、しかし、どうしてこう「今の旬!」感に乏しいのだろう。普遍性はあっていい。ただ、ポップミュージックとしてのバックボーンとか、未来を切り開いていく冒険心のようなもの。過去と未来をつないでいこうとする音楽家の夢が、どうも欠落しているように思う。言うまでもなくチャートは時代のバロメーター。そこに福山雅治を当てはめて語れる何かが……少なくとも私には見つからないわけである。

 コンサートに行けばよくわかるが、福山のファンはいわゆる音楽ファンとはだいぶ異なる人種である。彼らは熱心な福山ファンであり、シーンの動向や流行りの傾向に関わらず福山の作品を買うのだろう。「アナ雪」にアニメ、ミリショーのベストなどが並んだ上位の「今っぽい空気」と、一位福山の安定感には、どうしても埋められぬ溝を感じるのであった。

■石井恵梨子
1977年石川県生まれ。投稿をきっかけに、97年より音楽雑誌に執筆活動を開始。パンク/ラウドロックを好む傍ら、ヒットチャート観察も趣味。現在「音楽と人」「SPA!」などに寄稿。

      

「「アナ雪」旋風がようやくチャートに反映するも、1位の福山には届かず」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版