>  >  > ジャニーズの「実験」路線は大成功?

柴那典のチャート一刀両断!

Kis-My-Ft2、CDセールス20万枚超の背景 ジャニーズ若手における“実験”の場に

関連タグ
東京カランコロン
前田敦子
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2014年03月03日~2014年03月09日のCDシングル週間ランキング(2014年03月17日付)(ORICON STYLE)

 今週の第1位はKis-My-Ft2 の『光のシグナル』。デビュー曲『Everybody Go』から10作連続の首位獲得は、同じくジャニーズのKinKi KidsNEWS、KAT-TUN、Hey!Say!JUMPに続く史上5組目の記録だ。『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』主題歌という大きなタイアップもあり、20万枚を超えるセールスを実現した。

 同シングルの「ドラえもんコラボ盤」では、『ドラえもん』タッチのアニメキャラになったキスマイのメンバー7人がジャケット写真に登場している。ミュージックビデオもドラえもん制作スタッフが7人の登場するアニメを描き下ろした。単なるテーマソングというだけでなく、かなりがっつりとタッグを組んだコラボが実現したわけだ。

 ちなみに、この曲の作詞を担当したのは男女ツインヴォーカルの5人組ロックバンド・東京カランコロンのせんせい(Vo/Key)。前作シングル『SNOW DOMEの約束』ではトライセラトップスの和田唱が作詞を担当しており、ロックバンドのフロントマンを楽曲の作詞として起用する流れもすでにあるのだが、それでも抜擢と言えるだろう。

 昨年12月には中居正広のプロデュースによるグループ内のユニット「舞祭組(ブサイク)」もデビューを果たしている。こういった試みも含めて、メジャーデビュー3年目を迎えたKis-My-Ft2というグループは、ジャニーズの中でも一つの「実験」の場になっている感もある。

      

「Kis-My-Ft2、CDセールス20万枚超の背景 ジャニーズ若手における“実験”の場に」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版