>  >  > 『JW/炎の王国』4DX版予告編体験映像

全世界でも完売続出! 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版予告編の体験映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月13日公開の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より、4DX版予告編の体験映像が公開された。

 前作『ジュラシック・ワールド』は、2015年全世界のトータル興行収入16億7000万ドルを突破し、日本でも年間興行収入No.1を獲得。4DX興行でも歴代5位を記録した。その続編となる本作も、世界各国で堂々の初登場No.1を獲得し、すでに全世界興行収入10億ドルを突破する大ヒットを記録している。6月6日より、スペインをはじめ、フランス、オランダ、ベルギーなどで4DX版も順次公開され、公開週の週末客席占有率は90%を超えるほど。スペインの首都・マドリードにあるKinepolis 4DX上映館では、週末全席が売り切れ状態で、歴代最高の記録を更新中といい、グローバル4DXマーケットでも完売続出が続いている。

 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の4DX版では、前作の『ジュラシック・ワールド』4DX上映の際には取り入れられなかった、座席の背もたれから熱風が噴射されるWarm Air(熱風)と、風や水しぶきが吹き荒れるRainstorm(嵐)効果が新たに追加される。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX特別映像 体験映像

 公開された本作の4DX予告編の体験映像では、2Dで鑑賞している観客の姿から4DXで鑑賞している観客のリアクションが確認できる。

 4DXは、全世界1位の4D映画のグローバルプロジェクトで、2017年全世界1,900万人を動員し、爆発的に成長している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北米20~30代を中心とした若い層に人気トレンドとして支持されており、全世界59カ国、543劇場で運営中で、日本国内では55劇場で導入されている。(※2018年7月現在)

■『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 4DX上映劇場
※劇場により、対応している効果が異なります。
ユナイテッド・シネマ(18劇場):http://www.unitedcinemas.jp/4dx/index.html
シネマサンシャイン(6劇場):http://www.cinemasunshine.co.jp/4dx/
USシネマ(5劇場):http://cinemax.co.jp/4dx/
フォーラム那須塩原:https://www.forum-movie.net/nasushiobara/
109シネマズ(8劇場):http://109cinemas.net/4dx/
コロナシネマワールド(9劇場):http://www.4dx.korona.co.jp/4dxbu/index.html
イオンシネマ(7劇場):http://www.aeoncinema.com/4dx/
アースシネマズ姫路:http://earthcinemas.jp/theaters/4dx

■公開情報
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国ロードショー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
(c)Universal Pictures
公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

「全世界でも完売続出! 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版予告編の体験映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版