>  >  > 『SW/最後のジェダイ』監督抜擢の理由は?

マーク・ハミルも絶賛 『SW/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督抜擢の理由とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月15日に全国公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で監督を務めた、ライ アン・ジョンソンのコメントが公開された。

 本作は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描いた『スター・ウォーズ』シリーズ最新作。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知ることになる驚くべき真実、カイロ・レンがダース・ベイダーを受け継ごうとする理由、レジスタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッション、タイトルの“最後のジェダイ”が意味するものなど、知られざる秘密とさらなる謎を描き出す。

 J・J・エイブラムス監督から受け継ぎ、メガホンをとった『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン監督はオファーについて、「キャスリーン・ケネディがルーカスフィルムのトップになった時から、何度か彼女と会っていました。でも私が『スター・ウォーズ』の監督候補になっているとは思いもしませんでした。なぜなら地球上の全ての監督が『スター・ウォーズ』映画を撮りたいと思っていたはずだと思っていたからです。それが私のところに監督候補の話が飛び込んできたので、まるで爆弾を落とされたみたいな衝撃でした。でも私は『少し考えさせてもらえませんか?』と答えたのです」と、即答で引き受けたわけではなかったと振り返る。

 その理由について「私にとって『スター・ウォーズ』作品はあまりにも大きな意味がありました。それだけに『スター・ウォーズ』作品を撮ったことが、自分にとって悪い経験になってしまうのが怖かったのです」とコメント。それからの数日間は眠れない日々が続いたそうだが、「結局、心の声に従うことにしたんです。『スター・ウォーズ』の監督を見送るなんて、やはり考えられませんでした」と、監督を引き受けることにした理由を明かしている。

 ジョンソン監督に熱烈なオファーをしたケネディは、「ライアンは私がこれまでに仕事をしてきた素晴らしい監督たちと同じく称賛される道を歩んでいます」と彼を高く評価。その理由について「彼には素晴らしい独特の感性があるのです。彼は驚くほど強くて自立した女性像を描けるし、素晴らしいユーモアのセンスもあります。それは『スター・ウォーズ』作品には欠かせないものなので、彼にぜひ頼みたいと思いました」と、ジョンソン監督の女性像とユーモアを絶賛している。

 ルークを演じたマーク・ ハミルも「彼はいつも穏やかで愛想がよく、怒っているところを一度も見たことがないよ。今までにはみんなの前で、スタッフを叱るような監督もいたけれど、ライアンは誰かを罵ることは絶対になかった。彼からアドバイスをもらえて僕はラッキーだったね」と語った。

■公開情報
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)全国公開
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

「マーク・ハミルも絶賛 『SW/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督抜擢の理由とは?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版