>  >  > 『怪物はささやく』公開決定&ショート予告

ダークファンタジー映画『怪物はささやく』6月より公開へ CGで再現された怪物含む予告編も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第31回ゴヤ賞にて、最多9部門を受賞した映画『A Monster Calls』が『怪物はささやく』の邦題で、6月9日(金)より公開されることが決定し、あわせてビジュアルとショート予告が公開された。

20170330-kaibutsu-ps.jpg

 

 本作は、カーネギー賞とケイト・グリーナウェイ賞を受賞した同名小説を、『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが手がけたダークファンタジー。難しい病を抱えた母親と暮らす13歳の孤独な少年コナーと、彼が隠している“真実”を語れと迫る怪物の魂の駆け引きを描く。

 メガホンを取ったのは、『インポッシブル』のJ・A・バヨナ監督。主人公の少年コナー役を『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のルイス・マクドゥガルが務めるほか、キャストには、母役で『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズ、祖母役で『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバー、怪物の声で『沈黙 サイレンス』のリーアム・ニーソンらが名を連ねる。

 このたび公開されたショート予告には、CGで再現された怪物の姿や、ストーリーの鍵となる“3つの物語”を描くアニメーションが収められている。なお、怪物の声のほか、ニーソンが怪物のモーションキャプチャーに挑んでいるとのこと。一方のビジュアルには、巨大な怪物の手とそれを見上げる主人公コナーの怯える表情が捉えられている。

『怪物はささやく』ショート予告

■公開情報
『怪物はささやく』
6月9日(金)、TOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開
監督:J・A・バヨナ
原作・脚本:パトリック・ネス「怪物はささやく」(あすなろ書房刊)
出演:ルイス・マクドゥーガル、フェリシティ・ジョーンズ、シガニー・ウィーバー、リーアム・ニーソン
配給:ギャガ
字幕翻訳:藤澤睦実
原題:「A Monster Calls」/アメリカ・スペイン/109分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
(c)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

「ダークファンタジー映画『怪物はささやく』6月より公開へ CGで再現された怪物含む予告編も」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版