>  >  > 『FAKE』初日舞台挨拶レポ

「佐村河内守は今もマンションの一室でぼーっとしている」 森達也監督『FAKE』初日舞台挨拶に登壇

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐村河内守が出演するドキュメンタリー映画『FAKE』の公開初日舞台挨拶が、ユーロスペース(東京・渋谷)で6月4日に開催され、監督の森達也が登壇した。本作は、オウム真理教(現アーレフ)の実態に迫るドキュメンタリー映画『A』と、その続編『A2』を手掛けた森達也15年ぶりの監督作。2013年、“ゴーストライター騒動”を起こした佐村河内守の素顔と騒動後の模様を描き出す。

20160604-fake-th-th.jpg森達也

 舞台挨拶に登壇した森達也は「もう映画は撮れないと思っていた。映画館に戻って来れたことが一番嬉しいです」と挨拶。「ポレポレ東中野で『A』『A2』を公開した時、初日はそこそこ(客が)入っていましたが、その後は盛況とは言い難い状況だった。初日後も映画館へ通って劇場内を覗くわけですが、その帰り道の新宿駅に爆弾を仕掛けたい気持ちになりました(笑)。10分移動するだけでものすごいものが観られるのに、なんで観に来てくれないんだろうと。なので、今は本当に嬉しいです」と、満員の会場を前に喜びを語った。

 衝撃のラストシーンが用意されているという本作。森は「ドキュメンタリー映画の場合、舞台挨拶に登壇するのは上映後が普通かもしれない。ただ、この作品については上映後に皆さんの前に立ちたくなかったので、上映前に挨拶することをお願いしました。おそらく観てくれたら理由は分かると思います」と明かした。続けて、本作を最後まで撮り切れた理由のひとつにチームプレイがあったと説明。制作に携わったスタッフの名前を紹介すると共に、プロデューサーを務めた橋本佳子を舞台上に招き入れた。登壇した橋本は「鑑賞後は色んな人に話したくなる映画。109分間、楽しんでもらえると思います」とコメントした。

 また、現在の佐村河内守について言及する一幕も。森は「佐村河内守は、おそらく今もマンションの一室で椅子に座ってぼーっとしていると思います。鑑賞後には、そのことを考えてもらいたい。(佐村河内守以外にも)世界には、助けを求めている人や苦しんでいる人がたくさんいます。僕たちが少し気がつけば助けられるかもしれない人がいる。僕は世界の人々のために映画を作っているわけではないが、(鑑賞後に)そういう作用が生まれてくれたら嬉しいです」と述べた。続けて橋本は「佐村河内さんは電話ができないので、いつもメールでやりとりをしています。朝、(初日の上映に)沢山の人が来てくれたと伝えました。佐村河内さんはこの映画によって、また自分たちご夫婦がどうなるのかを心配していた」と、佐村河内守とのやりとりの内容を明かした。

 最後に、森は「僕は映画館が大好きです。でも、空っぽの映画館は大嫌いです。皆さん大好きです」といって会場の笑いを誘い、舞台挨拶は幕を閉じた。

(取材・文=泉夏音)

■公開情報
『FAKE』
公開中
監督:森達也
出演:佐村河内守
(c)2016「Fake」製作委員会
公式サイト:http://www.fakemovie.jp

「「佐村河内守は今もマンションの一室でぼーっとしている」 森達也監督『FAKE』初日舞台挨拶に登壇」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版