>  > S・ランプリングが持つ神秘性

『さざなみ』はなぜ心理ドラマの傑作となり得たか? 女優シャーロット・ランプリングの“魔力”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この世には、女優シャーロット・ランプリングがいなければ成立しない映画というものがある。彼女にベルリン国際映画祭女優賞を渡し、初のアカデミー女優賞ノミネートに送り出した、この『さざなみ』もそうであるには違いない。ただし本作は、ランプリングの天才性に頼り切るのでなく、彼女と共鳴するがゆえ、近年屈指の傑作心理ドラマとなっている。

 その点では、フランソワ・オゾン監督のミューズとなることが決定された2000年の『まぼろし』を思い出してもいい。ヴァカンス先のビーチで忽然と姿を消した夫をいつまでも待ち続ける妻の痛ましい姿を描いた『まぼろし』と、45年間連れ添った夫の行方不明だった元恋人の遺体が発見されたことで愛の危機に晒される妻の心の『さざなみ』。これらが密に関係しているとは言わないが、いずれにおいても、シャーロット・ランプリングはどこまでも「耐える」人として存在する。

sazanami-sub3-th.jpg

 

 彼女のその美しくも冷たげな顔は、悲しみや憤りで崩れることを許さず、常に同じ温度を保つ。奥まった色濃い瞳は、現実から目を背けず、しかし悲観的に見ることもなく、己の心の内をただ探索する。そして、これらの特質が役柄を超えた彼女の人間性そのものなのだろうと圧倒される。こんな女優は他にはいない。彼女が映画に与えるものは、いわば魔力のようなもので、作品にとって必ずしも幸福ばかりとは言えない。ひとたびランプリングが映れば、それは衝撃の『愛の嵐』がナチ帽を被った半裸の彼女の姿のみを残したように、他が記憶から消えてしまうということもありえるのだ。

 では、『さざなみ』においてはどうだろうか。夫役を演じるトム・コートネイはもちろん素晴らしい。彼が元恋人との思い出をベッドで語る際、もはや現在を生きることをあきらめたような哀れな人間の像がくっきりと浮かび上がる。ただ同時に、その儚い追想の言葉たちにひたすら耳を傾けるランプリングの鋭い、まるで探偵かのような様相が切り返されると、夫の哀しみはある調査の対象としてしか感じられなくなってくる。だが、それが本作をより魅惑的なものにする。夫婦の愛のドラマで終始すると思われたものから、女が愛の真相を探るミステリーへと変調していくのだ。そう考えれば先述の『まぼろし』に加え、ランプリング演じる小説家が真夏の別荘で性の事件に巻き込まれる『スイミング・プール』の面影もある。やはりランプリングの最適役は探偵なのか…と、またしても話が彼女に戻っていってしまう。そう、これが魔力だ。

sazanami-sub5-th.jpg

 

 本作は、夫の元恋人の遺体発見の報を聞く月曜日から、結婚45周年の祝賀パーティが控える土曜日までの6日間を、順に並べていく。そのリズムは淡々としており、まるでカレンダーの日付を1つ1つ塗りつぶしていくかのように、どの曜日も同質に扱われる。その一日に何が起きようが、また次の朝がやってきて、同じ生活が延々と続いていく…夫婦生活の実感を刻む、この時の流れが作品の味わいをより一層濃くしている。

 また、どの曜日もまず風景ショットで始まる。イギリスの小さな地方都市の乾いた景色だ。青緑がかったフィルターを用いた映像が、いくら美しく見せようとしても虚しさを隠し切れない夫婦の心模様と呼応する。そして、真に美しいままに保存された過去の記憶が別次元の風景として現れたとき、物語は大きく震える。

      

「『さざなみ』はなぜ心理ドラマの傑作となり得たか? 女優シャーロット・ランプリングの“魔力”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版