>  >  > 『ファインディング・ドリー』日本版予告公開

木梨憲武、室井滋のメッセージも収録 『ファインディング・ドリー』日本語吹替版の予告編公開

関連タグ
アニメ
ディズニー
ピクサー
ファインディング・ドリー
ファインディング・ニモ
室井滋
木梨憲武
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月16日に公開されるディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』の日本語吹替版予告編が公開された。

 本作は、2003年に公開された『ファインディング・ニモ』の続編。ニモを探す旅から1年後、ニモとマーリン親子、そして忘れんぼうのドリーの大冒険を描く。『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督が、前作に引き続きメガホンを取る。

『ファインディング・ドリー』日本語吹替版予告編

 このたび公開された日本語吹替版予告編には、前作に引き続きドリーの声優を務める室井滋と、マーリンの声優を務める木梨憲武のメッセージも収録されている。室井は「今回はドリーが主役で夢みたい! 前作よりもスケールアップしています!」と語り、木梨は「いつかいつかとこの日が来るのを待っていました! パート3は『ファインディング・マーリン』かもしれません!」とメッセージを寄せている。

20160309-dory-poster.jpg

『ファインディング・ドリー』ポスター

 その後に続く予告編本編では、忘れんぼうのドリーが“家族の思い出”を思い出し、ニモとマーリンとともに、大冒険の旅に出る模様が描かれる。映像では、前作でドリーとマーリンを助けた、ウミガメのクラッシュ親子も登場している。

 あわせて公開されたポスター画像には、“ドリーの秘密は、《人間の世界》に隠されていた”というコピーとともに、光がさす海の中に集まる、ニモ、マーリン、ドリーたちの姿が捉えられている。

■公開情報
『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)全国ロードショー
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版