>  >  > 『ジャスティスの誕生』最新予告編公開

バットマンとスーパーマンの“世紀の対面”描く 『バットマン vs スーパーマン』最新予告編公開

関連タグ
エイミー・アダムス
クリストファー・ノーラン
ザック・スナイダー
ジェシー・アイゼンバーグ
バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生
ヘンリー・カビル
ベン・アフレック
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バットマンとスーパーマンの世紀の対決を描く『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の最新予告編が公開された。

 本作は、クリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、ザック・スナイダーが監督を務める『マン・オブ・スティール』の続編にあたるスーパーヒーロー映画。『マン・オブ・スティール』に続きヘンリー・カビルがスーパーマン役を務め、『ゴーン・ガール』のベン・アフレックがバットマンを演じるほか、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドットらが出演する。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』世紀の対決編 予告

 このたび公開された最新予告編では、バットマンとスーパーマンーー2大ヒーローが“世紀の対決”を迎えるまでのプロセスが描かれる。大企業ウェイン・インダストリーを統括する大富豪で、バットマンとして活動するブルース・ウェインと、デイリー・プラネット社で働く新聞記者で、スーパーマンとして世界を守るため行動するクラーク・ケント。映像の冒頭では、パーティ会場でウェインに対し、「バットマンについてご意見を」と話しかけるケントの姿が映し出される。

 周りの人々に危害が及ばぬよう、自身がヒーローであることをひた隠しにしながら孤独に戦い続けてきた2人だが、ヒーローとしての互いの存在は認識しており、バットマンの行き過ぎた行為を批判するケントと、「スーパーマンの見方をし過ぎだ」とデイリー・プラネット社の記事を批判するウェインの間には一触即発の危機感が立ち込める。そこに、「世紀の対面だ」と嬉しそうに話す謎の男レックス・ルーサーが現れる。

 その後、“世紀の対面”が“世紀の対決”へと姿を変えていく様子が描かれ、映像の最後には、謎の生物の姿が映し出される。

■公開情報
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
3月25日(金)日米同時公開
監督:ザック・スナイダー
脚本:クリス・テリオ、デイビッド・S・ゴイヤー
製作:チャールズ・ローブン、デボラ・スナイダー
製作総指揮:クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス、ウェスリー・カラー、ジェフ・ジョンズ、デイビッド・S・ゴイヤー
出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
公式サイト:http://www.batmanvssuperman.jp

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版