>  >  > 『レヴェナント』ポスター公開

『レヴェナント』親子愛を描く予告映像&ポスター公開 ディカプリオが息子役と寄り添う姿も

関連タグ
アカデミー賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
トム・ハーディ
レオナルド・ディカプリオ
レヴェナント:蘇えりし者
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『レヴェナント:蘇えりし者』予告映像

 レオナルド・ディカプリオ主演作『レヴェナント:蘇えりし者』より、ポスタービジュアルと予告映像が公開された。

 実話に基づくマイケル・パンクの小説を映画化した『レヴェナント:蘇えりし者』は、レオナルド・ディカプリオ扮するハンターが、ひとり取り残された荒野で壮絶なサバイバルを繰り広げるヒューマンドラマ。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務め、大自然が猛威をふるう極寒の地で自然光のみを使ったロケ撮影が9ヵ月間かけて行われた。

 今回公開されたポスタービジュアルと予告映像には、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)の父親としての姿が収められている。

 アカデミー賞2年連続受賞に期待がかかるイニャリトゥ監督は、本作について「父と息子の愛を丁寧に描いた。それが本作の核となっている」と明かし、その発言を裏付けるようにポスターには小さな息子を愛おしそうに抱くヒュー・グラスの姿が描かれている。

 一方、ヒュー・グラスが「息子を殺した奴らに絶対に復讐する」と強い眼差しで語る映像からは、息子を失ったグラスが強い復讐心を抱いていることが分かる。ディカプリオは親子の絆について「父と息子の絆は、とても強い力で彼を突き動かす」と語り、グラスが生きることを諦めなかったのは、置き去りにされた恨みからではなく、息子への強い愛情が要因だったことを示唆した。

 ディカプリオはグラスの役作りについて「追求したのは、生き残ろうとする本能の一番奥にあるものを見つけ出すことだった」と語る。ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞をはじめ、数々の映画賞で主演男優賞を受賞しているディカプリオが悲願のオスカー獲得となるのか、世界中から注目が集まっている。

revenant_poster1-th.png

『レヴェナント:蘇えりし者』ポスタービジュアル

■公開情報
『レヴェナント:蘇えりし者』
4月22日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディほか
(c)2016 Twentieth Century Fox
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/revenant/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版