>  >  > 中村蒼、個性派俳優への変貌

中村蒼、“食われるイケメン”から“食う個性派”へ 『無痛~診える眼』で見せる同世代俳優への反撃

関連タグ
ドラマ
中村蒼
木村隆志
無痛~診える眼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「これが中村蒼?」「ガチなのか?」、目を疑った人も多かっただろう。『無痛~診える眼~』(以下、『無痛』)で中村が演じるイバラは、先天性無痛症で無毛症の清掃員。当初は「髪どころか眉さえもない」衝撃のビジュアルに好奇の目が集まっていたが、徐々に「痛みを感じない」ことによる戸惑いや、薬の副作用による狂気の演技に、称賛の声が挙がりつつある。

 とりわけ先週放送された第8話では、佐田(加藤虎ノ助)の殺害を「覚えていない」と繰り返しつぶやき、留置場では筋骨隆々の上半身裸で苦悩し、あげくに脱走。さらに、精神的に不安定なサトミ(浜辺美波)を連れ去るなど、まさにイバラのワンマンショー。主人公の為頼(西島秀俊)、早瀬(伊藤淳史)、白神(伊藤英明)を上回る存在感を放っていた。

 すでに芸歴10年で10本を超える主演作を持ちながら、なぜか中村の知名度は実績ほど上がっていかない。その理由は何なのか? そして、突然変異にも見える『無痛』での姿は何が影響しているのか?

 中村は『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリに輝き、初主演作『BOYSエステ』(テレビ東京系)で演じたエステティシャン、『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス』(フジテレビ系)で演じた走り高跳び選手、『アリスの棘』(TBS)で演じた温厚な研修医などから、「さわやかなイケメン」「正統派ベビーフェース」というイメージを持つ人は多いが、実はこれまでもクセのある難役が多かった。『学校じゃ教えられない!』(日本テレビ系)では同性の親友を好きになる高校生、『Q.E.D. 証明終了』(NHK)では完璧主義の天才少年、『息もできない夏』(フジテレビ系)では男性相手に売春する無戸籍児を、中村らしい静かな役作りで熱演した。

 今年に入ってからは、さらなる難役ラッシュ。『洞窟おじさん』(NHK BSプレミアム)で演じたのは、真っ黒に汚れた顔で、イノシシの毛皮を身にまとう不気味なホームレス男の役だった。さらに『かぶき者 慶次』(NHK)では前田慶次の子と偽って育てられる石田三成の子。『永遠の0』(テレビ東京系)では主人公・宮部(向井理)から妻を託されるキーマン・大石。そして、12月5日公開の映画『春子超常現象研究所』では体と心を持つテレビという特異な役を演じる。

     
  • 1
  •  
最新映画レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版