>  >  >  > Shelby Lynne

Shelby Lynne

(シェルビー・リン)

00年度のグラミー新人賞を受賞した美人カントリー・シンガー、シェルビー・リン。新人賞を獲得したといってもデビューは89年なので、彼女はキャリア15年以上を誇るヴェテラン歌手である。
10代からクラブなどで歌い始め、18歳の時に1stアルバム『サンライズ』をリリース。以降、アルバムごとにさまざまな実験を見せるように。『テンプテーション』(93年)では、ホーン・セクションを大々的にフィーチャーしたウエスタン・スウィングを軽やかに歌って見せたりもした。が、これといったヒットに恵まれず、シェルビーは一時インディー落ちという辛酸を舐めたことも。しかし、『アイ・アム・シェルビー・リン』(00年)が見事大ヒットを記録。ここでは、ループやサンプリングなども取り込んだロック調ナンバーから、いなたいサザン・ソウル風ナンバーにまで多彩にアプローチ。ヴァラエティに富んだサウンドを聴かせる。しかし彼女の一貫した魅力は、その姉御肌の歌唱にある。パワフルさとナイーヴさをあわせ持ったような歌声が、幅広い層に受け入れられた主要因だろう。続く『ラヴ,シェルビー』(01年)〜『アイデンティティ・クライシス』(03年)〜『スイート・ユアセルフ』(05年)のどれもが、セールス的にもクオリティ的にも傑作と呼ぶに相応しい完成度を誇る。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版