>  >  >  > サンタラ

サンタラ

(サンタラ)

田村キョウコ(vo)、砂田和俊(g&vo)による良質フォーク・デュオ。京都の大学の音楽サークルで活動していたバンドが前身となり、99年にサンタラ結成。サンタラとは、ヒンズー語で「オレンジ」を意味する。04年1月「バニラ」でメジャー・デビューし全国各地のFMパワープレイを獲得。続く2ndシングル「うそつきレノン」も各局のリクエスト・チャート上位にランクインするなど熱い支持を得た。様々なアメリカン・ミュージックの影響を受けながらも、鋭敏なコトバと芳醇な声、そして卓越したギタープレイを軸とした独特のスタイルを確立しており、「進化するフォーク・ブルース」を展開。04年7月には待望の1stアルバム『RIVERMOUTH REVUE』を発表し、05年年3月にはテレビ東京系アニメ『ギャラリーフェイク』エンディング・テーマ「思い過ごしの効能」をリリースするなど精力的に活動を続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版