>  >  >  > Ringo Starr

Ringo Starr

(リンゴ・スター)

当たり前な話で恐縮であるが、元ビートルズのドラマー。世界中で知らぬものがいないほどの著名人。「イエロー・サブマリン」に代表される味わい深いオヤジ・ヴォイス、親しみやすいチャールズ・ブロンソン風ぶちゃむくれフェイス、シンプルだがツボを押さえたクセのあるドラミング……。そして、ここ日本では特に人気が高いようだ。
ビートルズ解散後、70年に『センチメンタル・ジャーニー』でソロ・デビューを果たす。同年すぐさま2nd『カントリー・アルバム』をリリース。当時、彼がこよなく愛していたカントリー/スワンプ・ロック色を全面に出した意欲作に。その後も、リンゴのほのぼのキャラを活かした牧歌的な作品を数多く発表し、商業的にも成功を収めていく。嬉しいことに、89年にはジョー・ウォルシュ、ドクター・ジョンといったクラシック・ロックの盟友(=ヒズ・オール・スター・バンド)を率いて来日公演も行っている。往年のファンにとって、一生忘れられない思い出だろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版