>  >  >  > Mack 10

Mack 10

(マック・テン)

ギャングスタ・スタイルを標榜するラッパー、マック10。デビュー作『マック10』(95年)から7th『ゲトー・ガッター・アンド・ギャングスター』(03年)にいたるまで、レイドバックしたチル・トラックや太くうねるファンク・チューンの上で、粘っこいライミングを披露している。そもそもアイス・キューブのギャングスタ作法、ギャングスタ美学の洗礼を受けながらギャングスタ・シーンを闊歩してきたラッパーなわけだが、もともとはもっと極パーソナルな内容をラップするアーティストだった。
そのアイス・キューブと、同じくウェッサイ・ハードコア・ラッパーのWCの3人で95年に結成されたウェストサイド・コネクションはまさに“ドリーム・ティーム”然としたグループであり、96年の『バウ・ダウン』以降、あまり大きな動きが見られなくファンを残念がらせていたが、03年に大復活作『テロリスト・スレッツ』をリリースし、ファンを歓喜させるとともに、貧弱化したギャングスタ・ラッパー界にOG(オリジナル)からのアツイ一撃をお見舞いした。ウェッサイ・ギャングスタ・ラッパー連中はそんなヴェテランの気迫に襟を正す想いになったとか、ならなかったとか。
ちなみに、このマック10、奥方のT・ボズ(TLC)へのドメスティック・ヴァイオレンスが理由で05年現在離婚調停の真っ只中にいるとの情報。そんなのは、カッコよくない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版