>  >  >  > Ian Brown

Ian Brown

(イアン・ブラウン)

UKシーンの唯我独尊番長、イアン・ブラウン。ストーン・ローゼズという伝説の中心に立ち、常に世界と対峙してきた男だ。不本意な終焉を迎えてしまったローゼズでの鬱憤を晴らすかのごとく、96年のバンド解散直後からソロ活動を始め、98年に1stアルバム『アンフィニッシュド・モンキー・ビジネス』をリリース。ローゼズ晩期のギタリスト、アジズ・イブラヒムを迎えて制作されたこの作品は、プログラミングと中近東風プリミティヴ・リズムの融合を完遂し、イアンのファンクネスが一挙に花開いた快作となった。その後も、精力的にライヴ活動を行い、また、<モ・ワックス>のジェームス・ラヴェルによるユニット、U.N.K.L.E.に参加(「ビー・ゼア」)。99年には2ndアルバム『ゴールデン・グレイツ』を発表している。
ジョン・スクワイア(ローゼズのギタリスト)との関係がどうとか、実は歌がめちゃめちゃヘタとか、そんなことはもうどうでもいい。いつまでもボス猿然とした佇まいでシーンの頂上を牛耳ってくれることを切に願う!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版