>  >  >  > 太田裕美

太田裕美

(オオタヒロミ)

これを読んでいる若人達は知らないだろうが、70年代の太田裕美の人気は凄かった。その頃に「彼女にしたい芸能人」というアンケートがあったら、きっとNo.1になっていただろう。
イノセンスを象徴するかのような白のグランド・ピアノを弾く、その清純さ、端正なルックスから醸し出される雰囲気は、作詞・松本隆、作曲・筒見京平という歌謡界のチャンピオン・タッグ・チームの創り出す青春ソングと絶妙にマッチし、曲に新たな生命を吹き込んだのだった。地声とファルセットの境界を自由に行き来し、歌詞に応じて細かく抑揚をつけていくような歌が松本の創り出した主人公にリアリティを与えていることは間違いないだろう。そう、それは額に入れられた絵がゆっくりと動き出すかのような魔法に満ちている。「木綿のハンカチーフ」は、そんな3人の力が奇跡的に交錯した日本ポップの傑作であろう。その後のテクノ・ポップ路線にはビックリさせられたが、やりたいことを躊躇せずやるというのも彼女の魅力のひとつといえるかもしれない。
現在では自らの歌手活動の他、遊佐未森や小幡洋子といった他アーティストへの作品提供も行っている。

太田裕美の記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版