> Bettie Serveert

Bettie Serveert

(ベティ・サーヴァート)

オランダはアムステルダム出身の、紅一点ヴォーカルを擁するギターポップ・バンド。メリハリの効いたノイジー・ギター・サウンドと、スローイング・ミュージズを思わせるディープ・ヴォイスが抜群の相性をみせる。その音風景は“ダーク・サイド・オブ・思春期”そのもの。恋に破れた子猫ちゃんは、2nd『ランプレイ』(95年)を聴いて落ちるところまでどっぷり落ちましょう。そして、そこから新たなる第一歩を踏み出せばよいのです(たぶん)。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版