>  >  > サザン、ライブで見せた“常に全盛期”な魅力

サザンオールスターズ、NHKホールデビュー40周年キックオフライブで見せた“常に全盛期”な魅力

関連タグ
サザンオールスターズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サザンオールスターズがデビュー40周年を迎えた6月25日、翌26日と、NHKホールで『キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」』を開催した。ライブ自体が約3年ぶり、バンドとして初の単独公演となるNHKホールでのスペシャルライブは、当然のようにプラチナチケット化。3600人の幸運なファンがライブを体感したほか、26日には全国の映画館で、計7万人がライブビューイングを楽しんだ。

 練りに練られたセットリストから、凝縮されたサザンの歴史と、その魅力の本質が伝わるステージだった。冒頭から、元NHK・有働由美子アナウンサーのナレーションでキャリアを振り返り、ステージの転換時間も深夜のテレビ番組風に行われるなど、遊び心満載のライブ。開演前から恒例のウェーブが巻き起こるなか、オープニングナンバーとして披露されたのは、桑田佳祐が大学2年生の頃、初めて制作したというオリジナル楽曲「茅ヶ崎に背を向けて」だ。

 エンディングの歌詞を〈おかげさまで40周年 いつもいつもありがとう〉と置き替えるファンサービスも印象的だったが、2曲目に披露された「女呼んでブギ」も含め、すでに“サザンのグルーヴ“が完成していることに、あらためて驚かされる。ともに1978年リリースのデビューアルバム『熱い胸騒さわぎ』に収録された2曲は、ロックンロール、ラテン、ソウル、歌謡曲など多彩なエッセンスが桑田のなかで化学反応を起こし、むせ返るような熱気を発している。40年を経て古くなるどころか、むしろ新鮮に響くサザンだけのグルーヴが冒頭から印象付けられた。

 一方で、3曲目に早くも披露された「いとしのエリー」、ファンがライブ演奏を待望していた「せつない胸に風が吹いてた」など、サザンのもう一つの持ち味である、耳に残るメロディと、リスナーの琴線を震わせる歌詞の魅力が堪能できる名曲も展開。こちらもライブでは久しぶりの披露となった「SEA SIDE WOMAN BLUES」、原由子の歌唱による「私はピアノ」と、このライブだからこそ聴けるセットリストでファンを喜ばせた。

 過去の名曲からまったく違和感なく、ライブ中盤には6月15日にリリースされた配信限定シングル「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が披露され、イントロからひときわ大きな歓声が上がった。映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌として書き下ろされた同曲は、社会の矛盾やしがらみを嘲笑するかのような、メッセージ性の高いロックナンバーで、スーツ姿のダンサーも登場。独自のグルーヴ、秀逸なメロディ&叙情的な歌詞という武器を携えたサザンが、世の中にメッセージを届ける存在になってきた歴史を感じる。〈喜びを誰かと 分かち合うのが人生さ〉と歌う「栄光の男」、〈どうせ生まれたからにゃ 生命(いのち)の限り旅を続けよう〉と語りかける「東京VICTORY」と、立て続けに披露された楽曲が、それを強調していた。

サザンオールスターズ – 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて(Full ver.)

 こうしたメッセージを正面から、時にお気楽に体現しているのが、サザンオールスターズのメンバーだ。この日のMCで、ドラムス・松田弘は「やっぱりサザンは楽しい。目指せ50周年!」と明るく語り、パーカッション・野沢秀行は「このバンドに、パーカッションはいるでしょうか?」と観客を笑わせながら、やはり「これからも最後尾からサザンを支えてきます!」と前を向く。ハイライトは桑田とともにバンドを屋台骨として支える、キーボード・原由子の「(女性で)還暦を過ぎてこんな学生みたいなバンドをやっているのは私くらいですが、サザンが続く限り頑張ります!」との力強いコメントだ。ベースの関口和之も「(バンド加入に際して)親にも姉にも反対されましたが、その後の僕の人生は幸せです」と語り、まさに40周年の喜びを“分かち合い“ながら、“旅を続ける“覚悟を示していた。

 終盤もヒット曲のオンパレードが続く。デビュー6周年の記念日(1985年6月25日)にリリースされた「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」は、キーボードが全面に押し出されたエレクトロニカルなサウンドで、今の時代にハマっているのが面白い。「HOTEL PACIFIC」で観客を躍らせたあとは、〈6月25日にデビューしたサザンオールスターズ みんなの応援があり ここに立っているのさ 美しい思い出も大切だけど 人生はこれからを夢見ることさ〉と、Overtureの歌詞がスクリーンに映し出され、なだれ込むように本編最終曲「みんなのうた」に突入。観客は全力で手を振り、サザンの熱演に応えていた。

 アンコールがまた、サザンらしい。「DARTY OLD MAN~さらば夏よ~」、「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」、「ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~」と、振り幅の広い人気曲を惜しげもなく披露し、最後はデビュー曲「勝手にシンドバッド」という、この4曲だけでも充実のステージと言えるセットリストだ。スクリーンに映し出された40年前の映像と比べても、まったく衰えが感じられないどころか、大合唱で応える観客それぞれの思いも乗り、「勝手にシンドバッド」はさらに強力なキラーチューンになっている印象だ。

 初のオリジナル曲「茅ヶ崎に背を向けて」から始まり、デビュー曲「勝手にシンドバッド」で締めくくられた記念すべき日のキックオフライブは、新旧の名曲が違和感なくつながり、時代を超えて“常に全盛期“なサザンの魅力を伝えるものになっていた。8月1日にはプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』(海のオヤー)がリリースされ、来春からは全国ドーム&アリーナツアーの開催も発表している。このまま音楽シーンのトップを走り続け、2028年6月25日の50周年ライブでも、同じ感動を届けてもらいたいところだ。

(文=編集部)

■関連リンク
サザンオールスターズ 公式サイト”sas-fan.net“

「サザンオールスターズ、NHKホールデビュー40周年キックオフライブで見せた“常に全盛期”な魅力」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版