>  > パノパナ語る、ロックバンドとしての今

「$UJI」 インタビュー

パノラマパナマタウンが語る、ロックバンドとしての今「“数字”は絶対的な価値ではない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もう嫌われてもいいし、恥ずかしいとも思わない」(岩渕想太)

ーーでは今、ロックバンドが表現としてヒップホップやアイドルを超えるには、何が必要だと思いますか?

岩渕:もっと自分のリミッターを外さなきゃいけないなって思います。まだどこかで自分にリミッターをかけているし、やっちゃいけないと思っていることが多いし。でも、こっちがタガを外さないと、観ている人も熱狂できないから。だから、今一番やらなきゃいけないことは、もっと自分自身の心を解放できるような音楽を作るっていうことだと思うんですよ。

ーーまずは自分から熱狂に飛び込んでいくっていうことですね。そのためには音楽が必要だと。

岩渕:そうです。あと、嫌われるんじゃないか? なんて思って昔はリミッターをかけていたけど、今は嫌われなきゃくらい思えないとダメだなって。自分らのライブを観て、「これは嫌いだ」と思う人が出てくるぐらいじゃないと、心にめちゃくちゃ刺さる人も生まれないと思うんですよ。インディーズの頃の僕らって、嫌われてすらいなかったんです。嫌われるほどの表現もできていなかったと思う。でも、「フカンショウ」からの「$UJI」を作ったことによって、どんどんリミッターは外せるようになってきているし、自分のなかの熱量も上がってきているから。もう嫌われてもいいし、恥ずかしいとも思わないです。ロックバンドとしてメッセージを歌い切って、心からロックバンドになりたいなって思います。

(取材・文=天野史彬/写真=伊藤惇)

パノラマパナマタウン 岩渕想太プレイリスト

ーー現在配信中の新曲が「$UJI」というタイトルであることから、タイトルに数字が入る楽曲、30曲を選曲していますが、なぜこの30曲(「$UJI」+29曲)を選んだのでしょうか?

岩渕:最初は、自分のライブラリから数字が入った曲だけでプレイリスト組めるかなという純粋な動機でやってたんですが、思いがけず、自分の趣味が出し切れた良いプレイリストが組めた気がします。数字が入ってるって制約のおかげで、ジャンルとか、年代とか一切考えずに組めたのが良かったのかなと。

ーーなぜこのような曲順にしたのでしょうか? 曲順の意図を教えてください。

岩渕:本当に全部すごく好きな曲なんですよねー。だから、どうやったら自分の趣味をバラバラにならず伝えられるかなと、聴きやすさを考えて組みました。2曲目から7曲目の流れはUSオルタナからブリットポップ。自分の音楽のルーツの一番根底にあるものだと思います。8曲目からは邦洋合わせたヒップホップ、最近聴いてるものも入ってます。19曲目から2000年前後の日本のロックバンドが入ってきて、メンバー4人とも大好きなインディーロックへと流れていく。曲順に関しては直感ですねー。DJしてる感覚でした。

ーー選んだ29曲の中から、自身の考え方や価値観に影響を与えた楽曲はありますか? また「$UJI」を作る上で参考にした楽曲もあるのでしょうか?

岩渕:2曲目にいれてるSmashing Pumpkinsは本当に狂おしいほど好きなバンドなんですが、スマパンの荒々しくも綺麗にまとまっている音作りは今回参考にしました。思いを直球に伝える曲を作りたかったので、そしたらやっぱりグランジだろうと。16曲目、口ロロのいとうせいこうさんのフロウはラップを考える上ですごく影響を受けてると思います。高校の頃、ずっと聴いていたのもあると思います。Sonic Youth、Blur、くるり、ナンバーガールあたりはなかったら絶対今のバンドをやってないほど影響を受けたバンドたちですね。

ーー洋楽、邦楽、そしてジャンルも問わず選曲されていますよね。この29曲の中で特に思い出深い楽曲とそれにまつわるエピソードを教えてください。

岩渕:最後に入れた、andymoriの「1984」は夢希と田野と3人でやっていたandymoriのコピーバンドで演奏していた曲なのですごく思い出深いですね。人生で初めて組んだコピーバンドだったので。

ーー選曲した30曲の中で、「$UJI」はどういった楽曲だと思いますか? ほかの29曲と比較して自身が感じることを教えてください。

岩渕:こうやって自分の好きな曲の中に置いてみても、一番思いがストレートで、メッセージが伝わるものになったと思います。いや、それは自分が作ったからなのかな。わかんないけど、我を忘れるような熱狂を閉じ込められたことは確かだし、大好きな名曲の中においても浮いて聴こえてくるくらい熱い曲ですね。

(取材・構成=戸塚安友奈)

■リリース情報
パノラマパナマタウン 新曲「$UJI」
配信中

■ツアー情報
ワンマンツアー 『CORE HEAT ADDICTION TOUR』
6月17日(日)兵庫・神戸 VARIT.
開場17:30/開演18:00

■ライブ情報
6月23日(土)名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL
SUSHIBOYS”WASABI”Release Tour 2018
6月24日(日)神戸地区ライブハウス9会場
『ネコフェス2018-KUDAKENEKO ROCK FESTIVAL-』
7月7日(土)大阪 心斎橋アメリカ村周辺19会場
『見放題2018』
7月12日(木)名古屋 ell.FITS ALL
POT”Love the life you live”Release Party『Love the life you live』

■関連リンク
パノラマパナマタウン オフィシャルサイト
パノラマパナマタウン オフィシャルTwitter

パノラマパナマタウン サイン入りチェキプレゼント

パノラマパナマタウン のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2018年6月26日(火)まで

「パノラマパナマタウンが語る、ロックバンドとしての今「“数字”は絶対的な価値ではない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版