>  >  > 櫻井翔、“嵐あるある”を明かす

櫻井翔、“嵐あるある”を明かす 「ドラマのロケやってても、知らない人が話しかけてくる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『VS嵐』(フジテレビ系)の5月24日放送回には舞台「ニンゲン御破算」チームとして阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、荒川良々、皆川猿時、平岩紙が、プラスワンゲストとして狩野英孝、斉藤慎二(ジャングルポケット)が出演した。

 番組冒頭、櫻井翔が「松潤、最近サッカー観てるね」と松本潤に話を振ると、「観てる! 僕がね、一番好きな選手が移籍することが決まっちゃった」とイニエスタ選手が移籍することについて語り、櫻井の無茶振りで「イニエスタ、君の退団は寂しいよ。君のこれからの人生を期待してるよ」とメッセージを送った。さらに櫻井は日韓W杯について「相葉さんと大野さんと3人で行った」と振り返り、大野智が「特等席だったよね」と言うと、相葉雅紀も真ん中の前から6列目くらいという「ちょうど雨が当たる位置だった」とコメント。大野が会場内でレインコートが売っていると主張したため、買わずに入ったものの売っておらず、びしょびしょになった、と櫻井がエピソードを語ると、大野は「帰りは中華料理食べて帰ったね」と発言し、記憶力の良さでメンバーを驚かせた。

 ゲストの阿部と過去に『木更津キャッツアイ』で共演した櫻井。「待機の時の空気が静か」と阿部の役柄とのギャップを明かし、「スイッチの入り方がすごくて。アドリブとかもすごいたくさんあって、自分も19、20歳くらいだったんで、勉強させてもらってました」と振り返った。また松本と、ドラマの打ち上げで行ったバーでたまたま会ったという皆川。松本が席を譲ったため、座る場所がなくなり「結果的にカウンターの中に入ってましたね」と言い、「かっこいいカクテル作って」と頼んだことを明かすと、松本は「カクテルを気に入ってくださって、5回くらいたぶん作った」と語った。

 人や動物から誰の顔に変わるかを早押しで当てる特別企画「顔ミックス対決」でブルドッグと顔ミックスされているのを相葉、と見事正解した櫻井。櫻井が「目が相葉くん」とポイントを語ると、相葉は「すごいね。俺のこと(俺)よりよくわかってる」と驚きの表情に。さらに松本と顔ミックスされていくのは? という問題に悩む大野。松本が「俺が大好きな人」とヒントを与えると、大野は「えーとね、3文字だよね? ……桑田(真澄)!」と答えるも、正解は古田敦也だった。

      

「櫻井翔、“嵐あるある”を明かす 「ドラマのロケやってても、知らない人が話しかけてくる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版