>  > J☆Dee'Z、新たな表現の舞台裏

1stミニアルバム『あと一歩』インタビュー

J☆Dee’Zが明かす、幕張総合高校ダンス部やORESKABANDと生んだ“新たな表現”の舞台裏

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 J☆Dee’Zが、3月7日に1stミニアルバム『あと一歩』をリリースした。同作は幕張総合高校ダンス部とコラボMVを制作した表題曲や、ORESKABANDプロデュースの「Crazy For You」と「ORIGINAL」、遊助のカバー「全部好き。」、MOMOKAの高校卒業を彩る「三月」など、6曲6通りの挑戦が詰まった作品だ。リアルサウンドでは3人にインタビューを行い、構成を担当したMV制作の舞台裏や、ORESKABANDから受けたアドバイスなど、ますますクリエイティブに携わるようになった彼女たちの今に迫った。(編集部)【※インタビュー最後にプレゼント情報あり】

「2017年の活動があったからこそ歌える曲」(MOMOKA) 

左から、Nono、ami、MOMOKA。

ーー今回のミニアルバム『あと一歩』は6曲それぞれで色が違っていて面白い作品ですね。どんなテーマを表現しようと思ったんでしょうか?

ami:MOMOKAが今年高校を卒業するので、全員が高校生でのリリースというのはこの作品がラストなんです。高校生って、大人と子供の間じゃないですか。そんな時期だからこそ感じることや伝えたいことを、最後の最後に詰め込んだ一枚にしたくて。

ーーたしかに“大人と子供の間”という表現がこの作品にはピタリと合いますね。歌詞はコミカルだけど声は大人っぽいとか、イノセントな声なのに歌詞は背伸びしてる感じとか。

ami:子供扱いされるし大人扱いもされるし、だからこそ悩むこともあるし。大人になりきれてない、整理しきれてない頭の中をさらけ出したような一枚なので、曲ごとの表現もバラバラなんです。

ami

ーー全体を通してのトピックとして、生バンドを取り入れたというのは大きいですよね。

Nono:ライブをしている感じに近くて、すごく気持ち良いんですよ。

ーー生バンドを取り入れるというのも、J☆Dee’Zにとってはいきなり降って湧いてきたものではなくて、ライブで生演奏同期なしのパフォーマンスをしている背景があったりと、徐々に段階を踏んだうえでのトライですよね。

MOMOKA:まさに! あと、表題曲の「あと一歩」はWリーグの応援ソングとして書き下ろすことになったものなので、バンド演奏を入れることでアツさを出したかったというのもあります。

ami:サウンドも、ただ生バンドが入っているわけではなくて、バスケットボールを持った音もあるし、遊び心がある曲なんです。私の中での解釈は、高校生の部活の試合で吹奏楽部が応援しにきて、その演奏で会場の熱が上がる感じに近いと思います。

Nono:あと、応援ソングということもあって、歌詞がわからなくても気持ちや力強さが伝わる<Woo Woo>という掛け声があったり。

Nono

ーー一聴してわかるアツさというのは、たしかにこの曲の特徴ですね。あと、今回の曲は“エール3部作”の最後を飾る、と資料にあるのですが……。

三人:そうなんです(笑)。

MOMOKA:「Melody」から始まって、「ひとひらの涙」で、今回の「あと一歩」なんです。

ami:3曲とも歌詞に<エール>という言葉が入っているから3部作なんです。「Melody」はさらっという感じのエールで、「ひとひらの涙」はラスサビ前の力強いエール。今回の「あと一歩」のエールは、ラストサビの聴かせるところにそれぞれ入ってるんですよ。

MOMOKA:「あと一歩」が3部作の最後として、一番応援歌っぽいし、“エール感”が出てますよね(ドヤ顔)。

ami:なんかそのドヤ顔ムカつく!(笑)。

MOMOKA

ーー(笑)。傍目で見ていても、J☆Dee’Zにとって2017年はこれまでの活動のなかで最も勢いのあった一年のように見えました。そんな勢いがあるからこそ、こうして力強く人の背中を押せる、説得力のある曲も歌えるようになったのかもしれませんね。

ami:たしかに、2017年は今までで一番長く感じましたね。2017年頭に出したシングル『Answer』が3年前に感じるくらい(笑)。

MOMOKA:今言っていただいたように、2017年の活動があったからこそ歌える曲だし、作れた作品なんだと思います。4月のB.LEAGUEでのオープニング&ハーフタイムショーツアーがなかったら、『あと一歩』は生まれなかったかもしれませんし。

61人の振付・構成を自ら考えた「あと一歩」MVの制作

ーーしっかりやってきたことが繋がった結果のミニアルバムということですね。そして、「あと一歩」は何よりMVがすごい。幕張総合高校ダンス部とコラボし、総勢61名でのダンスを披露していますが、振り付けは3人が作ったとか?

J☆Dee’Z 『あと一歩』Music Video

ami:そうなんです。元々の振り付けはTAKAHIROさんが考えてくださったんですけど、MVでは大人数用にまた違ったものを私たちが構成を含めて考えました。でも、全員での練習は4回、それぞれ3時間ずつしかなくて……。

Nono:しかも、その4回全部に全員がいるわけではなかったので、私たちがいない間にダンス部の子たちで教えあってくれたりして、すごく助かりました。

ーーまずは構成から考えていったということでしょうか。個人的には2番サビの動きが鳥肌ものでした。

ami:レコーディング期間は、一人が歌録りをしている間、ほかの2人が構成を考えるという同時進行で作業していました。でも、3人とも大人数の構成に関しては知識がないので、それこそ同じレーベルの欅坂46さんや乃木坂46さんの振り付けをはじめ、大人数グループのパフォーマンスについて勉強しているうちに思いついたんです。

MOMOKA:いつもが3人だから、20倍の人数なんて全然想像つかなかったんですよね(笑)。

ami:ただ見た目が良いだけのものじゃなくて、歌詞の意味を考えながら振りをつけたり構成したりするのは、すごく楽しかったし悩みもしました。

MOMOKA:3人だけだと、動きについてはある程度パターンが決まっているので、なかなか幅を広げにくいんです。61人だからできることもかなりあって、それを試していくのも大変だったけど楽しかった。

Nono:一緒に踊ってくれた生徒さん全員に呼びかけるのも、大人数だったので難しかったですね。「おーい! 聞こえますかー!」みたいな(笑)。撮影も含め、今までにない経験をたくさんさせてもらいました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーー前回シングルでは表題曲の振り付けを自分たちで担当しました。振り付けを考えるということにおいては、この経験が大いに活きているのでは?

Nono:どうなんだろう? でも、「ひとひらの涙」のときは確かに歌詞をすごく考えて作ったので、今回のダンスでも自然に歌詞から振り付けを作っていってましたね。

ーーちなみに幕張総合高校ダンス部は、あの登美丘高校ダンス部を破ったこともある学校ですが、その実力を間近で見た感想を教えてください。

MOMOKA:一回目の練習が終わって、次に会ったときには「えっ! こんな短い間にそんな練習したの?」というクオリティで。練習を見てるだけなのに、感動してしまうくらいの完成度でした。

Nono:「前回教えたのやってみて? はい、5、6、7、8……ええー!」って驚かされました(笑)。だからこそ、みんなとなら最高の作品を作れるなと信じることができたし、どんどん期待度が上がっていきましたね。

ami:自分たちが「私じゃ今振り付け見る担当するわ」とか「私が入るから誰かじゃあ見る担当して」とか、自主的にテキパキやってる姿には刺激を受けました。自分たちのあり方を想像しながら、全員が同じ方向を向いてやっている姿はすごく格好良かったですし、J☆Dee’Zとしてもお互いをこうやって高め合っていかないとなと気が引き締まりましたね。

ーーあと、MVでは振り付けで見せるところとカット割りで見せるところがシンクロしているのも面白くて。1番のサビで複数階のフロアを使っているものがすごく綺麗なのですが、これは3人のアイデアですか?

ami:これは、下見の時に「ここ使いたいね」って3人で話していて、監督に相談したら「使おうと思ってた」と言われたので、両方が考えていたという感じですね。監督は「Melody」のときと同じ方ですし、当日現場で気づいたんですけど、カメラマンさんも「Answer」でニューヨークの武者修行を撮ってくれた方だったんです。

MOMOKA:しかも「Answer」の振り付けを担当してくれたTAKAHIROさんにもう一度お願いしたというのも含めて、やっぱり2017年の集大成感がありますね。皆さんとは2度目だったからこそ、遠慮なくいろんなことを提案させていただきました。

「J☆Dee’Zが明かす、幕張総合高校ダンス部やORESKABANDと生んだ“新たな表現”の舞台裏」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版