>  >  > 2017年の振付×ヒット曲とは?

荻野目洋子、TWICE、NMB48……2017年の振付×ヒット曲の流れを追う

関連タグ
NMB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 数年前から、J-POPシーンにおける「ダンス」の重要性は、年を追うごとに増しているように思う。

 MixchannelやYouTube・ニコニコ動画などの動画配信サービスに「踊ってみた」動画をアップするユーザーも増加しており、2016年はピコ太郎「PPAP」や星野源「恋」、RADIO FISH「PERFECT HUMAN」など、振付も含めて“ヒット”した楽曲が多く誕生した。

 2017年もその流れは続いており、登美丘高校ダンス部のコンテスト動画をきっかけに再ブレイクした荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」や、日韓混合アイドルとして若い世代から圧倒的な支持を獲得し、“TT”ポーズが流行したTWICE「TT」など、思わず真似したくなる振付をきっかけに、時代や国境を越えたヒット曲が目立った。

 そんな2017年が終わろうとするなか、この流れを締めくくる楽曲「ワロタピーポー」がNMB48から届けられた。振付は48グループの楽曲を数多く手掛けるCRE8BOY。先日も『FNS歌謡祭』で大きな話題を呼んだ平井堅×平手友梨奈(欅坂46)による「ノンフィクション」のコレオグラフを担当したのも彼らだ。

 同楽曲は、11月に放送された『ベストヒット歌謡祭2017』(日本テレビ系)で初披露。<何かをやれば叩かれる 反論すれば大炎上 揚げ足取られて拡散中>や<フェイクなニュースを真に受けて 犯人探しか魔女狩りか>など、インターネット社会を風刺する歌詞が話題を呼んだ。そのあと公開されたMVを観ると、振付も同じテーマに即したものだというのが伝わってくる。

【MV】ワロタピーポー / NMB48[公式]

 全体的に使われているのは、ネットスラングの「wwwwww」をデフォルメした振付。楽曲のタイトルにもある「ワロタ」というワードともリンクする。アッパーな楽曲と相まって、キャッチーな振付に仕上がっている。そんな「ワロタピーポー」は、先述したようなヒット曲に共通する「踊ってみた動画」が次々とアップされている。

 これは、各メンバーのTwitter/Instagram動画や、白間美瑠、加藤夕夏、大段舞依、水田詩織の「サムイ島でNMB48 / ワロタピーポー踊ってみた」をきっかけにしたものなのかは定かではないが、男女問わずさまざまな投稿者が「踊ってみた」動画をポストしている。極め付けは人気YouTuber・よさこいバンキッシュが「たくさんのYouTuberでNMB48『ワロタピーポー』を踊ってみた」と投稿。はじめしゃちょー・東海オンエア・マホト・禁断ボーイズ・アバンティーズ・トミック・桐崎栄二・ラファエル・よしりん・まあたそ・よきき・しばなん・デカキン・カイト・夕闇・よりひと・たかねんと、人気YouTuberが軒並み出演し、本家の再生回数に迫るほど大きな話題を呼んでいる。

たくさんのYouTuberでNMB48「ワロタピーポー」を踊ってみた。

 ここ数年、メンバーの吉田朱里がYouTuberとして名を馳せ、市川美織や石塚朱莉などもそれに続くなど、ネットとの親和性が高いNMB48。彼女たちの楽曲が、YouTuberたちの動画をきっかけにバズを起こすというのは面白い流れだ。2018年は話題の振付を携え、これまでの48グループになかったアプローチを次々起こすことにも期待したい。

(文=向原康太)

■リリース情報
『ワロタピーポー』
発売:12月27日(水)

<CD収録内容>
・Type-A
1.ワロタピーポー
2.自分の色/2期生【東由樹、石田優美、鵜野みずき、古賀成美、城恵理子、谷川愛梨、西澤瑠莉奈、林萌々香、三田麻央、村瀬紗英、矢倉楓子(五十音順)】
3.どこかでキスを/チームN
4.ワロタピーポー (off vocal ver.)
5.自分の色/2期生 (off vocal ver.)
6.どこかでキスを/チームN (off vocal ver.)

・Type-B
1.ワロタピーポー
2.自分の色/2期生【東由樹、石田優美、鵜野みずき、古賀成美、城恵理子、谷川愛梨、西澤瑠莉奈、林萌々香、三田麻央、村瀬紗英、矢倉楓子(五十音順)】
3.本当の自分の境界線/チームM
4.ワロタピーポー (off vocal ver.)
5.自分の色/2期生 (off vocal ver.)
6.本当の自分の境界線/チームM (off vocal ver.)

・Type-C
1.ワロタピーポー
2.自分の色/2期生【東由樹、石田優美、鵜野みずき、古賀成美、城恵理子、谷川愛梨、西澤瑠莉奈、林萌々香、三田麻央、村瀬紗英、矢倉楓子(五十音順)】
3.普通の水/チームBII
4.ワロタピーポー (off vocal ver.)
5.自分の色/2期生 (off vocal ver.)
6.普通の水/チームBII (off vocal ver.)

・Type-D
1.ワロタピーポー
2.自分の色/2期生【東由樹、石田優美、鵜野みずき、古賀成美、城恵理子、谷川愛梨、西澤瑠莉奈、林萌々香、三田麻央、村瀬紗英、矢倉楓子(五十音順)】
3.Which one/吉田朱里 太田夢莉 渋谷凪咲 村瀬紗英 植村梓
4.ワロタピーポー (off vocal ver.)
5.自分の色/2期生 (off vocal ver.)
6.Which one/吉田朱里 太田夢莉 渋谷凪咲 村瀬紗英 植村梓 (off vocal ver.)

・劇場盤
1.ワロタピーポー
2.自分の色/2期生【東由樹、石田優美、鵜野みずき、古賀成美、城恵理子、谷川愛梨、西澤瑠莉奈、林萌々香、三田麻央、村瀬紗英、矢倉楓子(五十音順)】
3.もう一度、走り出してみようか?/城恵理子
4.ワロタピーポー (off vocal ver.)
5.自分の色/2期生 (off vocal ver.)
6.もう一度、走り出してみようか?/城恵理子 (off vocal ver.)

<DVD収録内容>
・Type-A
ワロタピーポー (ミュージックビデオ)
ワロタピーポー (ミュージックビデオ ダンシングバージョン)
どこかでキスを/チームN (ミュージックビデオ)
どこかでキスを/チームN (ミュージックビデオ メイキング)
NMB48 ARENA TOUR 2017@大阪城ホール(2017.10.12)その1

・Type-B
ワロタピーポー (ミュージックビデオ)
ワロタピーポー (ミュージックビデオ ダンシングバージョン)
本当の自分の境界線/チームM (ミュージックビデオ)
本当の自分の境界線/チームM (ミュージックビデオ メイキング)
NMB48 ARENA TOUR 2017@大阪城ホール(2017.10.12)その2

・Type-C
ワロタピーポー (ミュージックビデオ)
ワロタピーポー (ミュージックビデオ ダンシングバージョン)
普通の水/チームBII(ミュージックビデオ)
普通の水/チームBII (ミュージックビデオ メイキング)
NMB48 ARENA TOUR 2017@大阪城ホール(2017.10.12)その3

・Type-D
ワロタピーポー (ミュージックビデオ)
ワロタピーポー (ミュージックビデオ ダンシングバージョン)
Which one/吉田朱里 太田夢莉 渋谷凪咲 村瀬紗英 植村梓 (ミュージックビデオ)
Which one/吉田朱里 太田夢莉 渋谷凪咲 村瀬紗英 植村梓 (ミュージックビデオ メイキング)
ワロタピーポー (ミュージックビデオ&ジャケット撮影メイキング)

■関連リンク
NMB48オフィシャルサイト

「荻野目洋子、TWICE、NMB48……2017年の振付×ヒット曲の流れを追う」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版