>  >  > 橋本奈々未が見出した“サヨナラの意味”

橋本奈々未が見出した“サヨナラの意味” 乃木坂46卒業公演後に残されたエピローグまでを読む

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 橋本奈々未は、卒業を迎えるその瞬間までファンとの最高の思い出を残そうとしているーー。筆者がそう思い始めたのはいつからだっただろうか。

 振り返ると橋本には常に“卒業”の2文字が付きまとっていた。グループを俯瞰することができ、どこかシニカルな面を持つ橋本には“危うさ”があった。卒業についてはずっと考えていたと言うが、それはファンにも予感として伝わっていたのかもしれない。

 卒業発表以降、橋本がメディアを通して残した言葉を追っていくと、全てにおいて思いは一貫しているように思える。2月18日放送の『AKB48 SHOW!』(BSプレミアム)にて桜井玲香を前に、橋本は卒業コンサートについてこう話していた。

「最後に人前で立つステージだから楽しみたいと思うけど、私を最長でも5年半ここに来るまで応援してきてくれた人たちが来てくれるわけだから、その人たちの思い出になるような『この間、この子を見ていてよかったな』『今日ここに来てよかったな』って思える時間をみんなと過ごせたらいいなと。『これをもって終わりなんだ』って思ってもらえるように」

 2017年2月20日、さいたまスーパーアリーナ。『乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未卒業コンサート~』。メインステージから「士」の字に広がる花道の中央にあるセンターステージにゆっくりと姿を現した橋本。歓声を上げていた満員の3万5千人が威風堂々とした彼女の姿、張り詰めた空気に会場が静まり返る。深い深い橋本の礼には、彼女のコンサートに対する真摯な姿勢と会場に足を運んでくれたファンへの感謝が詰まっているように思えた。「サヨナラの意味」のイントロからAメロをバックに、橋本はメンバーのいるメインステージへと歩き出す。

 この日のライブは橋本の卒業コンサートであると同時に、乃木坂46の5回目のバースデーライブとしても進行していく。3日間にわたりグループの全楽曲を披露する今年のバースデーライブであるが、初日の2月20日は橋本の好きな楽曲をピックアップしセットリストとするというのがコンセプトだ。

20170227-nogiwata3.jpg

 

 コンサートは楽曲を披露しながら、桜井玲香、松村沙友理、高山一実、生田絵梨花といったメンバーが、曲の合間に乃木坂46の歴史と橋本への思いを話していく。伊藤万理華は、これまで橋本との目立った関係性はなかった。同じユニットにもならず、歌割りも違い一緒にいることができなかった、と彼女は話す。橋本と伊藤は2月20日で同じ誕生日。今年なら橋本が「24」、伊藤が「21」と両手の指で歳の数を表し、毎年ブログにツーショットをアップしていた。橋本はグループのメンバーに様々なあだ名で呼ばれている。「ななみん」「奈々未さん」「橋本」「奈々未」。どれが正解というのはない。けれど、呼び名がそのメンバーとの関係性を表しているようにも思える。初期の頃から「奈々未」と呼ぶ伊藤は、橋本と付かず離れずの絶妙な距離感にいた。

 橋本はアンダーメンバーの曲を好きな楽曲に挙げることが多い。「ここにいる理由」、そして一貫して一番好きな楽曲に挙げてきた「生まれたままで」の2曲は伊藤がセンターを務める楽曲だ。「生まれたままで」のイントロが鳴り出すと、せり上がったセンターステージの中央に橋本が登場する。大サビでは、伊藤と橋本が背中合わせになり最初で最後のダブルセンターを嬉しそうに決める2人がいた。この後、橋本のサプライズで万理華への21歳のバースデーケーキが用意されたのだが、恐縮する伊藤が橋本も同じく誕生日であることを主張していたのも、2人の関係性を表しているようにも思えた。

20170227-nogiwata4.jpg

 

 「最高に安定感のある橋本と白石のコンビ。遠くの方から見てて、2人が話して笑っているのが好きだった」。齋藤飛鳥がそう話すように、橋本と白石の関係性は一言では言い表せないほどに深い。グループでは近いポジションに立つことが多く、7thシングル『バレッタ』を皮切りにシンメトリーの位置に。レザージャケットを羽織った2人のユニット曲「孤独兄弟」を始め、「せっかちなかたつむり」、「でこぴん」、昨年の『Merry Xmas Show 2016』に続いて白石、松村、橋本による“御三家”で披露した「Threefold choice」など多くの時間を2人は過ごしてきた。「ドキュメンタリー~サヨナラの意味~」(『サヨナラの意味』初回限定盤Type-A収録)で白石は、卒業する橋本に「卒業する日は笑って送り出せるように、一番に背中を押せたらいいな」と語っていたが、この日の橋本と白石による物語はコンサート序盤から始まっていた。松村、高山、白石、橋本でのユニット曲「偶然を言い訳にして」で、橋本以外の3人がサプライズで彼女にメッセージを送る。白石が掲げる「ななみんずっ友!」のフリップに驚く橋本。ゴンドラを降り、2人が合流した時には互いの頬には涙が伝っていた。「何を話したのか。何で一緒に笑ったのか。何を一緒に見たのか。どれが大事で、どれが思い出深いとか、順番はない」「好きとか嫌いとかじゃない。いつも一緒だった彼女」。最後の語りのバトンを務めた白石。初期5作連続での生駒里奈から『ガールズルール』で、白石へと初めてセンターが受け渡されたあの時。不安から泣きじゃくる白石のそばで、親身になって付き添っていたのは橋本だった。

 アンコール。1人ステージに現れた橋本は、すでに瞳にいっぱいの涙をためていた。歓声が鳴り止むのを待つ橋本。「今日で卒業します」。そう一言告げた彼女はこれから歌唱する自身のソロ曲「ないものねだり」について話し始める。「これからもきっと人生の節目で聴いていくことになるんだろうなと感じている曲です。私が『ないものねだり』という曲で<ないものねだりをしたくない>と歌っているけど、こんなに素敵な景色を何度も何度も前にしているのに、別の道を進みたいと思うのが一番のないものねだりだなと感じています」。橋本の瞳からぼろぼろと大粒の涙がこぼれ落ちる。「私が選んだその道の先に正解があると信じています」、そう話す彼女の眼差しは真っ直ぐ前を向いていた。「ないものねだり」は橋本が毎日付けているという日記の文章から秋元康が橋本の思いを組み、歌詞にしたものだ。涙で詰まり歌えなくなる場面もあったが、橋本が無事歌い切ると会場には温かい拍手が響いた。

      

「橋本奈々未が見出した“サヨナラの意味” 乃木坂46卒業公演後に残されたエピローグまでを読む」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版