>  >  > 48Gと坂道シリーズの2016年を振り返る

香月孝史『アイドル論考・整理整頓』 第十八回:48グループと坂道シリーズの2016年

AKB48グループと乃木坂46・欅坂46、“特性の違い”より明確に 2016年の活動から見えたこと

関連タグ
AKB48
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年を締めくくった『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)では、AKB48グループが「紅白選抜」としてスペシャルメドレーを、また乃木坂46・欅坂46の“坂道シリーズ”はそれぞれ、2016年の代表的なシングル「サヨナラの意味」「サイレントマジョリティー」を披露した。AKB48グループが投票による選抜という、グループ内でおなじみのスタイルを「紅白」に溶け込ませ、一方で坂道シリーズは乃木坂46だけでなく、デビュー1年に満たない新興グループの欅坂46も「紅白」に選ばれて勢いを示した。

 かねてから「AKB48の公式ライバル」を謳ってきた乃木坂46に姉妹グループができ、それがシリーズ化して厚みを見せたことで、“AKB48グループに拮抗しようとする坂道シリーズ”という対比がかつてよりも自然なものになった。

 昨年11月27日の「チャート一刀両断!」で、柴那典氏はAKB48と乃木坂46の直近シングル『ハイテンション』『サヨナラの意味』の対比を行なった(参考:http://realsound.jp/2016/11/post-10316.html )。この記事で柴氏は、AKB48『ハイテンション』のキャッチコピー「ノレよ、日本。」なども参照し、「教室の真ん中で声を張り上げる“戦う女の子”」と「教室の隅でうつむいている“戦えない女の子”」のライバル関係という構図を用いながら、双方の特性を解いてみせている。

 この「ノレよ、日本。」というフレーズがさらに示唆的なのは、AKB48というグループの歩みが、本来仲間内でのみ展開していたイベントの渦の内側に、日本社会全体を強い力で巻き込みながら進化してきたという側面を持つためだ。グループ内で次作のフォーメーションを決めるためのトリッキーな企画だった「選抜総選挙」は、いつしか多くのマスメディアをたびたび賑わす、アイドルシーンを超えた一大イベントとなった。そして、その選抜総選挙の結果を反映したシングル表題曲で「恋するフォーチュンクッキー」や「心のプラカード」という、世間を「踊らせる」タイプの楽曲を生み出してきたことにもあらわれているように、AKB48はグループのダイナミズムを駆使した企画をアイドルファンの外側にまで浸透させながら勢力を保ち、女性アイドルグループというジャンルが社会に定着するための基盤を作り続けてきた。

      

「AKB48グループと乃木坂46・欅坂46、“特性の違い”より明確に 2016年の活動から見えたこと」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版