>  > 横山健が語るハイスタのロマン

横山健が語る、Hi-STANDARDの新たなロマン「ハイスタじゃないと得られないものを体験したい」

関連タグ
Hi-STANDARD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「存在としては刺激したい」

161207_hs_5.jpeg

 

一一ははは。でも、特定のファンに響くだけじゃない、幅広い世代に注目される騒ぎを起こすところも、ハイスタの特性なんですよね。90年代からずっと、痛快に見えるように物事を仕掛けていった。これって、どれくらい意識的だったんですか。

横山:うーん……ここは他の二人がどう思ってるかわかんないところだけど。俺はいつも「Hi-STANDARDのやることが痛快な結果を残す」っていうイメージができないの。今回も売り方がこんなに話題になるとは思ってなかったし、AIR JAM2011もあんなに喜ばれるとは思ってなかった。横浜スタジアムでやるって決まった時、俺、「申込みが5000しかなかったらどうすんだよ!」って言ったの。……したら22万来たんだけど。

一一なんでそんな見積もり低いんですか(笑)。

横山:手堅い業者なの(笑)。そこはね、みんなが言うよりもさらに伝説度がわかってないんだよ。ピザオブデスを作った時も、インディーであること、DIYでやることがあんなに話題になるとも思わなかったし。ただただ自分たちでやんなきゃいけない、じゃあどうするのかっていうだけだった。

一一健さんは、どっちかと言うとリアリストですよね。天真爛漫な夢とかロマンの部分を担っているのが難波(章浩)さん、という感じがします。

横山:あぁ、Hi-STANDARDに関してはほんとにそうなのかもしれない。それがすごくいいバランスなんだろうな。

一一そこで恒岡さんはどういう役割なんですか。

横山:ツネは……ツネはまた違うタイプかな。ドラマーっていうポジションだし、音楽的な素養があるからいろんなところで叩けるし。だから意外と、ハイスタの中にあってもあの人はけっこう一匹狼。

一一そんな3人が揃うと、特殊な空気が生まれてくるのが不思議です。

横山:ねぇ。俺も不思議。

161207_hs_4.jpeg

 

一一これは全然音楽的な言葉じゃないけど、新作を聴いた時にはっきり思いましたもん。ハイスタは「元気」が違うんだなって。

横山:ははははは! でもわかる! 今のニュアンス伝わった(笑)。やっぱりね、Hi-STANDARDの演奏にはHi-STANDARDの演奏でしか得られないジェットコースター感、ドライブ感みたいなのがあって。「キタ一一!!」っていうのが絶対ある。音源にもその感覚があるのかどうかは自分にはわからないんだけど。でも人がちょっと独特なものを感じるなら、きっとあるんだろうな。

一一だから、さっき質問として聞きましたけど、若い世代は別にメロディック・パンクが聴きたいんじゃなくて、こういうワクワクしたもの、ドキドキする出来事に触れたいんだと思うんです。

横山:あぁ、確かに。

一一若い人たち、若手バンドを刺激したい気持ちはありますか。

横山:ある。音楽的にはさほどないけど、存在としては刺激したいかな。「普通こうだ」っていうところも、頭ひねってなんとか発想して、自分でワクワクしたいし。それが日本に響くっていうのはすごく嬉しいし、俺もHi-STANDARDにいなければ実感できなかったことだし。悔しさもあるけどね。「Ken Bandではできないのに、ハイスタだと一気にこれかよ!?」って気分もあるけど。でももう大人なんで「ですよねー」って言える気分もあるし、その一員でいられることに幸せを感じたりするし。でね、今こんなふうに思ってることを、この先畳むことはないと思う。

一一それは「誰のため」なんでしょうか。復活の最初の目的はあくまで「ファンのため、日本のため」でしたけど。

横山:もう自分のため。やっぱり物事に取り掛かる時に一番大切なのは、自分がやりたいかどうか、自分にとって必要かどうかっていうことだと俺は思うのね。で、Hi-STANDARDに関しては、AIR JAM2011以外は、全部自分のためにやってる。やってるし、これからもやっていきたいかな。もちろんね、復活した頃の考え方から比べると筋もへったくれもないですよ(笑)。それで格好つかないところもあるんだけど、得られるものも多いから。この歳にして、またHi-STANDARDでいろんな体験をさせてもらってる。そこを自分でも楽しんでるかな。

(取材・文=石井恵梨子/撮影=石川真魚)

161207_hs_another.jpg『ANOTHER STARTING LINE』 161207_hs_vintage.jpg『Vintage & New, Gift Shits』

■リリース情報
『ANOTHER STARTING LINE』
発売:10月5日(水)
価格:¥1,200(税抜)
<収録曲>
1.TOUCH YOU
2.ANOTHER STARTING LINE
3.NOTHING TO LOSE
4.RAIN FOREVER

『Vintage & New, Gift Shits』
発売:12月7日(水)
価格:¥1,200(税抜)
<収録曲>
01 I Get Around
02 You Can’t Hurry Love
03 Money Changes Everything
04 Happy Xmas (War Is Over)

■ライブ情報
『GOOD JOB! RYAN TOUR 2016』
12月3日(土) 宮古KLUB COUNTER ACTION
12月5日(月) 石巻BLUE RESISTANCE
12月6日(火) 仙台PIT
12月8日(木) 新潟LOTS

『AIR JAM 2016』
2016年12月23日(金・祝) 福岡ヤフオク!ドーム
www.airjam.jp

Hi-STANDARD 公式WEB SITE
特設サイト

「横山健が語る、Hi-STANDARDの新たなロマン「ハイスタじゃないと得られないものを体験したい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版