>  >  > ピコ太郎、世界展開への野望明かす

ピコ太郎、世界展開への更なる野望明かす「できればグラミー……いや、グラマーでも」

関連タグ
KinKi Kids
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の11月4日放送回に、[Alexandros]、KinKi Kids、三代目 J Soul Brothers、水曜日のカンパネラ、乃木坂46、ピコ太郎が出演した。

 1番手の乃木坂46は、16thシングルをもってグループを卒業&芸能界を引退する橋本奈々未が「卒業します。今日はみんなと一緒に頑張りたいと思います」と語り、「サヨナラの意味」を披露した。

 続いては、ともに2010年デビューという[Alexandros]と三代目 J Soul Brothersの2組が登場。[Alexandros]の川上洋平は「全部英語で書いたんですけど、英会話学校に通ってる2人(白井眞輝、庄村聡泰)が歌えるくらいのものを作りました」と語り、新曲「Feel Like」を演奏した。続く三代目 J Soul Brothersは新曲「Welcome to TOKYO」について登坂広臣が「東京の持つきらびやかな世界を表した曲」、岩田剛典が「肩をバウンスさせるダンスに注目してほしい」と語り、同曲をパフォーマンスした。

 4番手の水曜日のカンパネラは、コムアイが「みんなが知ってるストーリーから曲になるのはいいなと思って」と語り、新曲「アラジン」を“ボウリング”をコンセプトにした演出で披露。KinKi Kidsは安藤裕子から提供された新曲「道は手ずから夢の花」について、堂本剛が「ジャニーズっぽくないけどいい意味で癖のある曲」と述べ、同曲を歌い上げた。

      

「ピコ太郎、世界展開への更なる野望明かす「できればグラミー……いや、グラマーでも」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版